スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親亡き後の障害者支援 県手をつなぐ育成会 生活記録帳を作成/奈良

【2012/6/22付 msn産経ニュースより引用抜粋】

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120622/nar12062202060000-n1.htm

 ■パニック対処特性など記述

 知的障害のある子供の親らでつくる「県手をつなぐ育成会」(橿原市)が21日、親亡き後の子供の生活のため、子供の特性を理解してもらえるよう性格やパニックへの対処法などを書き込む生活記録帳「ならHeart&Heart」を作成したと発表した。同会は「親は子供より1日だけでも長く生きたいが、かなわない。支援者に子供のことをよく理解してもらい、子供には安らかな生涯を送ってほしい」としている。

 同会の会員は約千人。知的障害や発達障害などの子供の親が亡くなった場合、その後の子供の生活をどう支えるかが、高齢化した親たちの課題になっている。

 同会の川本肇理事長は「障害を抱える子供は自分の意思を伝えることが難しい。それでも親は亡くなったときに、わが子を誰かに託していかなければならないが、安心しきれない」と話す。

 昨年3月の東日本大震災をきっかけに「いつ何時、わが身に何が起こるか分からない」と危機感を持った同会の親たちが、同6月から記録帳作りを始めた。

 記録帳は30ページで、子供本人の名前や健康状態、性格など基本情報のほか、日常生活、他者との関わりの様子など、支援者の理解が深まるよう記述欄は多岐にわたっている。特に、パニックが起こる条件や対処法など、他者が対応しやすいよう詳細に書く欄もある。

 親の思いを書くページもあり、子供の財産の使途や、葬儀の様式など子供にどう最期を迎えてほしいかを記入する枠もある。

 障害のある長男(40)がいる同会の中山幸子さん(67)は「どう過ごしたいのか言葉を出せない子供もいる。親に何かがあったとき、支援者が適切に対処できる記録帳になれば」と話している。

 記録帳は実費で入手できる。問い合わせは同会


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。