スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブサービスで障害のある人に一貫した支援 奥進システム/大阪

【2012/5/28付 産経関西より引用抜粋】

http://www.sankei-kansai.com/2012/05/28/20120528-060781.php

 ウェブのシステム開発を行う奥進システム(大阪市中央区、奥脇学代表)は発達障害のある人のための電子版サポートブック「うぇぶサポ」(http://support-book.jp/)をネットで無料公開している。

 「うぇぶサポ」は支援に関わるヘルパーや教師などに発達障害者や自閉症のことを理解してもらうことを目的としている。自閉症の人は、いつもと違う道を通ることや、物の位置が変わるなどの急な変更によって大声をあげるなどのパニックを起こすことがある。
 親や支援にかかわってきた人がパニックを未然に防ぐ個々の対応について記載する。書き込んだものを進学先の先生や新しく関わる支援者に伝え共有することで特徴を理解してもらい、一貫した支援を行うことができる。

 利用にあたってはユーザー名とパスワードを入力し、障害のある人の情報を匿名で登録できることから、個人情報の保護にも配慮している。また、親がヘルパーや先生など情報を共有しておきたいと思った人に、IDとパスワードを伝えるだけで携帯電話やパソコンから手軽に確認してもらえるのが特徴だ。うぇぶさぽを利用している人は「個人情報を持ち歩かずに情報を確認できるのは安心です」との声が寄せられている。

 文部科学省が2002年に行った調査によると、発達障害や他者とのコミュニケーションが難しいとされる自閉症など特別な支援を必要とする生徒は小、中学生全体の6%だった。代表の奥脇さんも自閉症の息子を持ち、親の立場から「息子の中学の進学にあたって、今まで通り息子の特徴や性格を理解してもらい、一貫した教育を行ってもらえるのだろうか」と不安に感じ、新たな環境でも変わらぬ支援をしてもらうためにこのサービスを開発した。
 
 同社は従業員の7人中5人が障害のある人で、車いすでも働けるよう机の高さを平均よりも高くしている。また、疲れたときに休めるよう簡易のベッドも用意するなど働きやすい環境づくりにも努めている。同社の今岡由美子さんは「発達障害の方のサポートだけでなく、訪問介護施設向けのシステムサービスも提供していきたいと考えています。今後も当社の強みであるシステム開発で社会問題の解決の手助けをしていきたいです」と語った。




テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。