スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害に理解深めて 県がサポートブック発行/岩手

【2012/4/10付 岩手日報より引用抜粋】

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20120410_10

県は、保育士や乳幼児を持つ親向けに発達障害児の特徴、接し方などをまとめた「いわてこども発達支援サポートブック」を発行した。発達障害児の成長には家庭や教育機関だけでなく、地域など周囲の理解と協力が不可欠。サポートブックは計3種類で県は市町村を通じて保育園や保護者に冊子を配布し、理解と対応に役立てる。

 保育士ら指導者向けの冊子はA4判カラー47ページ、全7章で構成。医師ら専門家や実際に発達障害児に関わっている保育士が編集し、写真、イラストを用いて実例などを説明しているのが特徴だ。

 例えば1日の流れを伝える時には分かりやすく絵を使って説明することや、集中力が低い子どものために間仕切りを作るなどの対応方法を解説。相談が可能な各専門機関なども紹介している。保護者向けには、冊子とリーフレットを作った。

 発達障害は、他人と関わるのが苦手な自閉症、じっとしていられず衝動的な行動が多い注意欠陥多動性障害(ADHD)、特定能力に習得の困難さがある学習障害(LD)などの総称で、子どもの頃から症状が現れる。

 盛岡市手代森の県立療育センター内の「発達障がい者支援センター」への相談は2005年の設置から毎年数百件単位で増え、11年度は計1800件。医療機関からの紹介が増えたことや同じ人が繰り返し相談することが増加の要因で、「子どもや孫との関わり方が分からない」「学校でうまく友人をつくれないようだ」などの相談が寄せられている。

 サポートブックは計約3万6500部作成。県のホームページから見ることもできる。

 県は保育士や専門相談員ら支援者向け研修会で紹介し、具体的な活用方法を周知。相談員が保護者向けに行う勉強会でも教材として使用する予定だ。




テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。