スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災の自閉症の人たち“今も不安定”

【2012/4/7付 NHKNewswebより引用抜粋】

http://control.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new

東日本大震災で被災した自閉症の当事者や家族が現在の状況を話し合う催しが東京で開かれ、震災がきっかけで、1年以上たった今も幻覚に悩まされたり、物を衝動的に壊したりするなど精神的に不安定な状況が続いていることが報告されました。

この催しは、国連が定めた今月2日の世界自閉症啓発デーに合わせ、震災で被災した自閉症の当事者や家族の状況を知ってもらおうと国や日本自閉症協会が開きました。この中で、宮城県内の25歳の女性は、母親に自分の気持ちをつづった文章を代読してもらい、「震災のあと黒い渦が見えるようになった。今でも余震があるたびに黒い渦に巻き込まれるような感じがする。生活は以前のペースを取り戻しつつあるが、気持ちを取り戻すことができない」と訴えました。また、茨城県内に住む父親は、ほかの家族から聞き取った現状を報告し、「震災以降の日常生活の変化に対応できず、車のガラスを割ったり、壁に穴を開けるなど衝動的に物を壊すようになった。ことし1月の余震の直後も、家の中のタンスを壊すなど強い不安感から精神的に不安定な状況が続いている」と説明しました。
主催した日本自閉症協会の山崎晃資会長は「震災から1年以上がたち、避難面の課題だけでなく、メンタル面での課題も浮かび上がってきた。今後の支援態勢を考えるきっかけにしていきたい」と話しています。




テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。