スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国初 中野区、高齢者・障害者の名簿を町会に提供/東京

【2011/11/21付 TOKYO MX NEWSより引用抜粋】

http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/201111216.html

中野区は地域での見守り活動を推進するため、全国で初めて高齢者や障害者の名簿を町会や自治会に提供します。まずは区内8つの町会に名簿を提供することになり、区役所できょう交付式が行われました。
 中野区はことし4月に施行した条例に基づき、高齢者や障害者の情報を載せた名簿を区内の町会や自治会に提供することになり、きょう田中区長が町会長らに名簿を手渡しました。地域での見守りの活動ため、条例を作って町会などに個人情報を提供するのは全国で初めてだということです。名簿には70歳以上で1人暮らしの人、75歳以上の高齢者のみの世帯の人、身体障害者手帳を持つ人の氏名、住所、年齢、性別などが掲載されます。中野区の田中区長は「孤独死といわれる事例がなかなか後を絶たない。大都会だと隣に住んでいる方がどういう方か分からない中で、そういう方を少しでも減らしていかなければならない。個人情報の壁が近隣の支え合いの障害になっている事例もあったので、そういう意味では一歩前進した条例だと思う」と話します。また、中野駅前南口町会の高橋登志子会長は「昼間お1人だけの方とかそういう方たちに対する安否確認とケアをするのにも、どこにどなたがどういう状態でお住まいかをぜひ把握したいなと思ってそちらの方で主に利用させてもらおうと思います」と話しています。
 個人情報を扱うため名簿に載せる人には区が事前に意向を確認するほか、区と町会の間で名簿の管理・利用方法に関する協定書を締結し、違反した場合の罰則も設けています。区内に111ある町会・自治会のうち、来年2月にはさらに13の町会に名簿を提供する予定だということです。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。