スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害児の学習支援 姫路のリンクス開設1年/兵庫

【2011/11/19付 神戸新聞より引用抜粋】

http://www.kobe-np.co.jp/news/seiban/0004627878.shtml

 気が散りやすく、集中力が長続きしないため、授業にも遅れがちになる。そんな発達障害のある子どもを支える学習塾「リンクス学習サポート」(姫路市飾西)が開設から1年を迎えた。「怠け者」や「我慢が足りない」などと誤解されることが多い子どものため、独自の教材などを用意し、個別指導を続ける。
 発達障害児は、黒板の内容をノートに書き取るのが苦手だったり、友達とトラブルを起こしたりし、学習面などで課題を抱えることが多いとされる。一方、学習支援は家庭任せになりがちで、学習塾に通わせてもついて行けないことが多いという。
 地元FMラジオで発達障害児の育児情報番組を制作する吉田真樹子さん(38)が、取材を通じて学習支援が必要と感じ、昨年10月に専門の学習塾を開設。発達障害と診断された小中学生ら約15人に個別指導している。
 子どもに余分な刺激を与えないよう机の配置などにも工夫し、数字や写真の活用で学習状況や、次に取り組む課題などを理解しやすくしている。
 指導方法や教材は、子どもの特性に応じて決め「気がそれそうになったら、スケジュールを指さして次の課題に気付かせる」「大好きな船の大きさをメートルで表し、ジュースを計るなどの具体物で実感させる」など、教科ごとに決めた指導方針に沿って進めている。専門の医師らも協力し、保護者ともさまざまな情報を共有している。
 一方、手先が不器用だったり、対人関係を築きにくかったりする子ども向けに、テーブルゲームなどを通じて対話力などを身につける教室も開き、作業療法士が指導に当たっている。
 吉田代表は「(発達障害という)診断のあるなしに関わらず、悩んでいる方は、まず相談してほしい」と呼び掛けている。問い合わせはリンクスのホームページで。(三木良太)



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。