スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯アプリで発達障害児ら支援 グッドデザイン賞に

【2011/11/19付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/photo/news/20111119mog00m040014000c.html

◇共同実証実験、視覚化で理解サポート
 発達障害や知的障害の子供の生活・学習を支援する携帯電話用ソフト「特別支援携帯アプリ」が、今年度のグッドデザイン賞(日本デザイン振興会主催)を受賞した。富士通(本社・東京都)が開発し、香川大(高松市)と共同で実証実験を実施。自閉症児などのコミュニケーションの問題に対し、バイブレーションや配色などを駆使して実用性を高めた点や、まだ理解が広がっていない発達障害の分野に取り組んだ点が評価された。

 アプリは、時間の経過を図形の面積の変化により確認できるタイマー▽伝えたいことや手順を表示する絵カード▽漢字の筆順を学べるアニメーション--の3種類で、視覚化によって理解をサポートするのが特徴。

 教師や保護者が用いている絵カードやタイマーなどの道具を携帯電話で提供しようとの狙いから、同社が2年前、開発に着手。昨年5~9月には、同大教育学部の坂井聡准教授の研究室と共同で、特別支援学校の児童・生徒の他、保護者や教員を対象に有効性を検証した。実際にアプリを使ってもらった結果、「名前が漢字で書けるようになった」「自分で着替えや買い物ができるようになった」などの効果が得られたという。同社製のNTTドコモの携帯24機種で利用でき、同10月末に無料公開して以来、約3万7000本がダウンロードされている。

 今年7月には、スマートフォンの機能を活用したソフト開発の共同研究も開始。筆順になぞり書きの機能を加えたソフトや、喜怒哀楽など感情の種類や強弱をタッチパネルで選択し、伝えることができるソフトについて、実証実験を進めている。同社は「発達障害の子供たちのために、情報通信技術を役立てたい。効果的な支援を実現するためには、研究機関や当事者との連携が不可欠だ」としている。【馬渕晶子】



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。