スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【発達障害と向き合う】おもちゃで学び後押し 白鴎大・中谷教授、遊びから成功体験を/栃木

【2011/2/13付 下野新聞より引用抜粋】

http://www.shimotsuke.co.jp/town/life/childcare/news/20110213/456453

教材としてのおもちゃを長年研究してきた白鴎大教育学部(小山市大行寺)の中谷陽子教授(70)は14日から24日までの全6日間、自らの研究室で発達障害児を中心に子どもの学びを後押しするおもちゃの「ミュージアム」を開く。自身が集めた数千点から、世界各国の珍しい積み木ややじろべえなど約100点を展示。「成功体験の少なくなりがちな発達障害のある子にも、遊びの中から学ぶ喜びを感じてほしい」という願いが込められている。

 中谷教授の専門は心理学。「遊び材という新しい教材の模索」と銘打ったミュージアムは3月の定年退官を契機に、教員や保護者らを対象に実施する。

 発達障害は、人との距離感が読めずコミュニケーションが苦手などの特徴がある自閉症、知的遅れがないにもかかわらず読み書きなどが不得意な学習障害といった生まれつきの脳機能障害の総称。

 同教授は「ものごとの関係や構造を理解することの障害」と定義付ける。その「生きにくさ」を和らげるためのおもちゃを活用した学習サポートをライフワークにしてきた。

 展示されている一例は、プラモデルを作る際に使う金属製の塗装皿(直径約5センチ)。皿を縦横に並べ数の概念を目に見えるようすることで、楽しみながら計算を学べる。あるやじろべえは、釣り合いをとるおもりが数字の形で、数の大きさに応じて重さが異なる。重さの概念の視覚化だ。積み上げてビー玉が転がるルートをつなげる積み木は、途中で転がらなくなる積み方をしてしまっても積み直してうまくいくことを体験できるという。

 中谷教授は「発達障害のある子は実生活のハプニングに戸惑う。そんな時にどうするかを、おもちゃの遊びの中に意図的に場面を設定して学習してもらえる」と強調している。開催日は14~17日までと21、24日。いずれも午前11時~午後4時。問い合わせは同大広報室


スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。