スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気な絵190枚 道路沿い展示 小平 発達障害の子ら描く

【2009/10/24付  読売新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20091024-OYT8T00630.htm

 発達障害を持った子どもたちの絵が23日から、小平市の「小平グリーンロード」沿いを中心に展示されている。市内の白梅学園大学の学生とふれ合うワークショップで描いたもので、同大子ども学部の杉山貴洋准教授は「子どもたちの絵を見て、元気を感じてほしい」と話している。

 ワークショップを運営しているのは、杉山准教授のゼミに参加する学生約20人。月に1~2回開かれ、学生が「ピエロのピッピ」といったキャラクターを演じながら進行する。ボードに時計の絵をはって予定を分かりやすく伝え、身ぶり手ぶりを交えながら進めていく。

 対象は、広汎性発達障害や自閉症などを抱える幼児や小学校低学年で、見通しが立たないと不安になる子や、言葉の理解が難しい子も楽しめるように工夫している。

 作品はA1判やB1判の画用紙に描かれた約190枚。同大付近から西武線鷹の台駅までのグリーンロード約1・5キロ沿いに展示されている。11月27日まで。

 ゼミの4年生、大久保未早さん(22)は、「抽象的な作品が多いが、それぞれに子どもたちの色がある。個性を見てほしい」と話している。


スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。