スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニクロ/障害者のオリンピックにユニフォーム提供

【2012/1/24付 流通ニュースより引用抜粋】

http://www.ryutsuu.biz/topix/e012406.html

ユニクロは1月24日、2月10日~12日に福島県で開催する「2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」に参加する、スタッフとボランティアが着用するユニフォームとして、フリースのパーカやジャケット約3,500着を無償で提供すると発表した。

大会には、ファーストリテイリングの役員、店舗、本部の従業員36人もボランティアスタッフとして参加する。

スペシャルオリンピックとは、知的発達障害のある人たちにさまざまなスポーツトレーニングとその発表の場である競技会を、年間を通じて提供する国際的なスポーツ組織。

ユニクロは2002年から、スペシャルオリンピックス日本へのさまざまな支援を続けている。



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

堂々と三味線ライブ 自閉症・田中さん披露/宮崎

【2012/1/22付 宮崎日日新聞より引用抜粋】

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=43327

 自閉症の障害があり、三味線を習っている田中一也さん(31)=西都市南方=が、高鍋町内で22日あったライブに初めて出演し、10年間学んできた成果を披露した。一緒に演奏した師匠の恵利弘一さん(51)=高鍋町上江=は「初めて舞台に立ち、私の方が感無量」とまな弟子の努力をたたえた。

 一也さんが三味線を習い始めたのは、母恵子さん(58)に勧められたのがきっかけ。「いろいろな可能性を試そう」(恵子さん)と覚えたワープロは18歳で県の技能競技大会で優勝するまでになり、陶芸にも取り組んできた。三味線は恵利さん方に週1回通い、マンツーマンで習い始めたが、うまくいかずバチを投げたり、三味線を折ったことも。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害に理解を 西条で講演会/愛媛

【2012/1/22付 愛媛新聞より引用抜粋】

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20120122/news20120122779.html

 発達障害の一つ「注意欠陥多動性障害(ADHD)」の当事者で、新居浜市こども発達支援センターの相談員を務める漫画家あーささん(31)=今治市=の講演会が22日、西条市大町の「ウイングサポートセンター」であり、来場者が発達障害の特性やサポートの仕方などについて耳を傾けた。
 同センターは子どもの成長や、発達に不安を抱える保護者や教育・福祉関係者らの支援を目的に西条市が昨年11月に開設。講演会は開所記念事業で、約130人が出席した。
 あーささんは発達障害の疑いがある子どもは決して珍しい存在でないことを強調した上で「周囲の環境に適用できないまま成長することで、心の病や精神障害などの二次障害を引き起こすことが問題」と指摘。障害の長所と短所を紹介し、短所を補う手法としてほめ方や言葉の接し方のこつなどを披露した。
 同センターによると、開設から昨年末の2カ月間で138件の利用があった。永井敬則所長は「保護者や学校関係者の支援ニーズが高いことが再確認できた。引き続き課題把握などに取り組みたい」としている。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

セミナー:障害者や高齢者、災害から守ろう--名張で29日 /三重

【2012/1/26付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/mie/news/20120126ddlk24040324000c.html

障害者や高齢者など災害時要援護者を守ろうと、名張市と市自立支援協議会は29日午後1時半、「障害者等のための防災セミナー」を市防災センター(同市鴻之台1)で開催する。支援者らに、日ごろの備えの大切さを学んでもらおうと初めて企画した。

 東日本大震災の被災地で支援活動を続けている名古屋市の社会福祉法人「AJU自立の家」が運営する「わだちコンピュータハウス」の水谷真所長が講演し、現地での活動を報告。被災地から学んだ要援護者の支援方法を説明する。県自閉症協会や市聴覚障害者協会、市危機管理室の担当者によるパネルディスカッションもある。

 会場には、避難所で被災者のプライバシーを守る間仕切りを使って救護室やトイレ、授乳室などを設けた「仮設避難所」を設置し、参加者に見学してもらう。市が緊急時の災害情報を配信する「防災ほっとメール」の登録も呼び掛ける。

 市高齢・障害支援室によると、市内の要援護者は昨年9月現在で5279人。担当者は「弱者を災害から守る取り組みは、大勢の市民の命を守る取り組みにつながる」と話している。申し込みは不要。【矢澤秀範】

〔伊賀版〕



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。