スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学べる玩具で障害者支援 姫路の団体、50種類を手作り30年/兵庫

【2011/12/10付 Asah.comより引用抜粋】

http://www.asahi.com/edu/kosodate/news/OSK201112140092.html

 障害児の学びに役立ててもらおうと、手作りのおもちゃを作る兵庫県姫路市のボランティア団体「かめのこグループ」(山下加代子代表)が地域づくりに貢献した団体と個人を表彰する県の「ひょうご県民ボランタリー活動賞」を受賞した。その名の通り、メンバーはカメの歩みのように地道に30年間、布で子どもへの思いを包んだ温かみのあるおもちゃを作り続けてきた。

 グループは1982年4月に結成。現在、市内の50~70代の女性12人が月2回活動している。当初は目の不自由な子どもに点字絵本を作っていたが、翌年からさまざまな障害児のために布を使ったおもちゃを作り始めた。現在までに、各施設に約50種類のおもちゃを送ってきた。

 布を使うのは、子どもに触感で愛着を持ってもらおうという狙いからだ。遊びが学びにつながるよう、さまざまな工夫も凝らす。例えば、畳1畳分ほどある緑の布でゴルフコースを作り、点数の書かれた的にボールをあてて計算を学べるゴルフ遊びのおもちゃなどが好評だったという。

 今年は、牛乳パックと段ボールで土台を作り、布製のいちごや花、ろうそくなどを飾って遊ぶケーキのおもちゃ(直径約50センチ、高さ約20センチ)を製作。知的障害の子どもがろうそくを飾ることで自分の年を覚えたり、手の不自由な子どもが飾りつけを通じて手先の動きを訓練したりするなどの効果が期待できるという。

 グループは毎年1回、県立姫路特別支援学校、姫路市立書写養護学校、つくし児童園、白鳥園の4カ所に出向いておもちゃを渡しており、今年も13日、各施設を訪れた。就学前の知的障害児が通う、つくし児童園の森知子園長(51)は「布のおもちゃは安全な上、感触がやさしく作り手の愛情を感じる。一つ一つに子どもが興味をもつ工夫があって役立っています」と話す。

 結成時から活動する同市北新在家1丁目の田中曙覧(あけみ)さん(66)は、施設で子どもたちがおもちゃにほおずりしている姿や、過去に贈ったおもちゃが使い古されているのを見るのが続ける励みになった。「今後もメンバーでどんなおもちゃを作るかわいわいと議論し、楽しみながら頑張りたい」。(神山純一)



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

知的障害者に専門弁護士 選任で全国初/大阪

【2011/12/18付 東京新聞より引用抜粋】

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011121802000023.html

 大阪府警に窃盗容疑で十一月に逮捕された男性(23)の国選弁護人選任で、候補者を指名する日本司法支援センター(法テラス)に対し、大阪地裁が男性に知的障害があると知らせていたことが十七日、分かった。
 知的障害者は取調官に迎合しやすく、うその自白をしてしまう問題も過去に発生。今回は事前の情報提供により、大阪弁護士会の開く研修を受けて障害の特性に精通している弁護士が選任された。
 大阪弁護士会が九月、容疑者に知的障害がある場合の通知を大阪地裁、大阪地検、府警に要請、このうち地裁が応じた格好。日弁連や法テラスによると、こうした通知は全国初とみられる。
 大阪弁護士会などによると、男性は十一月下旬、京都府で知人と共謀してバイクを盗んだとして大阪府警に逮捕された。
 担当の裁判官は、国選弁護人の指名を法テラスに依頼する書類の備考欄に「(知的障害者に発行される)療育手帳を所持」と記載。実際に軽度の知的障害があり、過去に施設に入所していたことがあった。
 大阪弁護士会は二〇〇九年から知的障害者の特性を学ぶ研修を実施。修了者は約五十人おり、今後も通知があれば、順次派遣したい考えだ。
 ただ、地裁は弁護士会に「通知の要請は裁判官に周知するが、(応じるかどうかは)それぞれの裁判官の判断になる」と回答しており、すべてのケースで情報が入るわけではないとみられる。
 一方、知的障害があるかどうかは不明だが、精神障害者保健福祉手帳を持っているとの通知も十七日までに五件あった。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

あっぱれ!おかやま:おかやまSASA(総社市) /岡山

【2011/12/20付 毎日本新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/okayama/news/20111220ddlk33040592000c.html

 ◇自閉症の特性、学ぶ機会を
 自閉症の兄や姉を持つ20代の女性らが今年4月、自閉症者の家族を支援するグループ「おかやまSASA」を立ち上げた。代表の山田陽子さん(28)=総社市=と、大学院時代に出会った川崎医療福祉大講師の沢田早苗さん(29)=北区=ら3人が設立メンバーだ。「自閉症の特性についてじっくり学ぶ機会を」と、保護者向けの講座を総社市で開き、小さな輪を広げている。

 活動のもう一つの柱は、自閉症者のきょうだいを持つ健常者に対する支援だ。山田さんの9歳年上の姉、沢田さんの2歳年上の兄も自閉症者だ。「自閉症者のきょうだいならではの思いを分かち合えたらいいね」と話し合ったという。

 沢田さんは幼い頃を振り返り、「親は走り回る兄の後をついてばかり。妹の私は『ちょっと待ってて』と言われ、我慢することが多かった」。山田さんは、学校で教員に「お姉さんの障害のせいでいじめられたら言いなさい」と言われ、障害を否定的にとらえていると反発したという。

 友人や恋人にどう説明するか。親の亡き後どうするか。年齢とともに変わる悩みを吐き出す場がなかった。「親も大変そうなので相談しにくい。でも同じ立場の人なら『分かるね』と共感し合える」。

 「気軽に参加できるように」と、SASAのホームページに「きょうだい☆ステーション」という会員制の掲示板を開設した。現在4人が登録し、お茶を囲んだ集まりでは仕事や将来の話に花を咲かせた。「きょうだいが好きなのも共通点だった」と山田さん。家族の心を軽くすることから支援は始まる。「まだ始まったばかりの小さな会。これから輪を広げたい」。【五十嵐朋子】

==============

 ◇おかやまSASA(ササ)
 SASAは「一人一人異なる自閉症者を支援する会」という意味の英語の頭文字を取った。今年4月に結成し、総社市を中心に保護者向けの講座を開いている。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

IBM、恒例の“5つの未来予測”2011年版を発表

【2011/12/20付 ITmediaニュースより引用抜粋】

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1112/20/news059.html

 米IBMは12月19日(現地時間)、2006年から毎年年末に発表している「Next Five in Five(今後5年間に実現する5つのイノベーション)」の2011年版を発表した。今年のイノベーションは以下の5つだ。

家庭用電力の“人力による供給”
パスワードが不要に
読心術の実現
デジタルデバイドの解消
迷惑メールが価値ある情報に
家庭用電力の“人力による供給”

 未来の再生可能エネルギー技術では、人間が動くことで発生するエネルギーを無駄なく家庭用エネルギーに変換できるという。例えば自転車の車輪に小さな端末を取り付けることで、バッテリーをチャージできる。

パスワードが不要に

 生体認証の技術が高度化し、PCやATMへのログインにパスワード入力の代わりに音声や顔認識、網膜認証が利用できるようになる。

読心術の実現

 IBMは脳をスマートフォンやPCと接続する方法を研究しており、例えば誰かに電話をかけたいと考えるだけで電話がかけられるようになる仕組みに取り組んでいる。この取り組みでは、人の表情や興奮度、集中レベルなどを認識する脳波センサーを搭載したヘッドセットを開発しているという。

 この技術は5年以内にゲームやエンターテインメント業界に採用され、将来的には医師がリハビリテーションや自閉症の治療に利用できるようになるとしている。

デジタルデバイドの解消

 モバイル端末が安価になり、モバイルソリューションも高度になるにつれ、誰もがスマートフォンを持ち、情報やサービスを利用できるようになる。

迷惑メールが価値ある情報に

 スパムフィルターの高度化だけでなく、ターゲティング技術による広告のパーソナライズ技術が進歩することで、広告が個人にとっての貴重な情報源になる。例えば、自分の好きなバンドのコンサートチケットの情報が、予定が開いている日に特定して提供されるといった具合だ。

 IBMはリアルタイム分析技術でこうしたソリューションにも取り組んでいるという。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。