スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありそうでなかった“トイレ貸し出しサイン”、「多機能」増え横浜で試み/神奈川

【2011/11/29付 神奈川新聞より引用抜粋】

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1111290011/

 お店のトイレ貸します―。赤ちゃん連れや障害者の観光客が店舗にある多機能トイレを気軽に借りられるようにするプロジェクトが、横浜で始まった。店舗前におしゃれな共通のサインを掲示することで、さりげなくアピールするという趣向。利用者からは「今までありそうでなかった」と好評で、賛同する店舗側は「来店促進につながる」と期待感が高まっている。

 トイレ貸し出しサイン「オープントイレマーク」を考案したのは、多機能トイレ情報を共有するサービス「チェック・ア・トイレット」を展開するNPO法人チェック(東京都世田谷区)の金子健二代表理事と、老舗印刷会社の大川印刷(横浜市戸塚区)の大川哲郎社長。

 オムツ替えができるベビーシートや車いす対応機能などを備えた多機能トイレは、導入する店舗が増えているものの、知られていないために活用されていないケースが多くあるという。特に横浜中心部に観光に訪れる障害者や子ども連れにとっては、トイレの場所が分からないことが悩みの種となっていた。

 気軽にトイレを借りるために、誰にも分かりやすいマークを新たに作ろう―。さまざまな標識などを手掛けてきたNDCグラフィックスに制作を依頼。完成したマークは「安全地帯」を意味する淡い緑色の背景に、真っ白な花のマークが描かれた。登山者が用を足すときに言う「花摘みに行く」をサイン化したという。

 オストメイト(人工肛門・人工膀胱(ぼうこう)保有者)対応などトイレの機能によって、さまざまなバージョンの400枚を作成。賛同店舗はネット上の「チェック・ア・トイレット」の地図にも掲載する。

 このプロジェクトは、本年度の横浜観光プロモーション認定事業に選ばれ、元町、中華街、山下地区で先行的にスタート。既に9店舗から賛同を得た。来年3月末まで無償で提供することで100店舗を目指す。来年度以降は1枚800円で提供する。

 横浜マリンタワーの永田弦総支配人は「改装後はバリアフリー対応を進めており、多機能トイレの存在を知ってもらうことで大勢の方に訪れてほしい」と期待。車いす利用者でNPO法人「アニミ」理事長の服部一弘さんは「事故に遭ってから25年がたつが、このアイデアはありそうでなかったね」と喜んでいる。



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

東ちづる、自閉症啓発イベントで力説/東京

【2011/12/1付 デイリースポーツより引用抜粋】

http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/12/01/0004654757.shtml

女優・東ちづるが1日、都内でプロデュースを手がけた自閉症啓発イベント「Get in touch!」のオープニングに出席した。

 これまでもアウトサイダーアーティスト(自閉症や知的障がい者の芸術家)の絵画展を手がけるなどの支援活動を行っていた東。東日本大震災以降に社会的弱者が追い詰められている実情を目の当たりにしており「それではいけないんです。どんな状況でも人とつながって、寄り添って生きていこうというメッセージを伝えたい」と強く訴えかけた。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

作業学習の成果披露 「弘済学園」作品展、東京駅で12月5日から

【2011/11/29付 msn産経ニュースより引用抜粋】

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111129/trd11112921570017-n1.htm

鉄道弘済会が運営する知的障害・自閉症児者施設「弘済学園」(神奈川県秦野市)の利用者の作品展「わたしたちが創る展」(JR東日本協賛)が12月5~9日、東京駅丸の内北口地下・動輪の広場で開催される。

 学園利用者の作業学習の成果を披露し、福祉への関心と理解を深めてもらうのが目的。49回目の同展では織物や木彫りなどの作品を展示する。5日のオープニングには俳優の舘ひろしさんも参加し、励ましのメッセージを送る。問い合わせは鉄道弘済会児童福祉課



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害:接し方を解説、保育士らの理解支援 県が冊子3万部配布 /埼玉

【2011/11/29付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20111129ddlk11040295000c.html

 保育士、幼稚園教諭らを対象に、発達障害など気になる子どもとの接し方について、分かりやすく解説した冊子を県が3万冊作製し、今月、配布した。園での具体的な場面を取り上げ、子どもがとる行動への解説や、対応の工夫などを説明している。

 医師や言語聴覚士ら、県福祉部、県自閉症協会などが7月ごろから話し合いを重ね作製した。「トイレ」「自由遊び」「登園」など10の場面を示し、子どもがその行動を取った理由を複数掲載。周囲の関わり方もなるべく多様な選択肢を紹介するよう工夫されている。

 「朝の会」でじっとしていられない子どもを取り上げた項では、「目に入ったものや耳に入ってくる音のために落ち着かないのかも」などと、可能性のある子どもの心理状況を紹介。その上で、▽他に注意が向いてしまうようなものを見えないようにする▽「これから何をするのか」が分かるカードや物を用意する--など環境の工夫を提案している。

 ノートに張るシールと、ノートをしまうポケットのシールを同じ絵柄にすることで、子どもにとって関連性をわかりやすくなるなどの工夫も紹介されている。

 県自閉症協会会長で、知的障害を併せ持つ自閉症の息子(25)のいる小材(こざい)由美子さん(49)は「一番困っているのは子ども自身で、周りと違った振る舞いには理由があることを理解してほしい。冊子の内容を実践してくれれば発達障害をもつ子がかなり楽になるはず」と話している。【西田真季子】



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

八王子市:条例で障害者差別禁止 12月市議会に提案 /東京

【2011/11/29付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20111129ddlk13010207000c.html

八王子市は、障害者への差別を禁止し、社会参加を推進する「障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくり条例」を制定すると発表した。12月市議会で条例案を提出する。市によると、同様の条例は千葉県や北海道など全国4道県と1政令市で施行されているが、市町村レベルでは初めて。

 条例では、新たに「障害者の権利擁護に関する調整委員会」を設置。差別を受けたり生活で不便を感じたりした障害者が市に対して申し立てをした場合、市は委員会に諮問。委員会が必要と判断した場合、市は差別した側に助言などを行う。また、施設利用や不動産取引、労働、医療、教育など幅広い分野で、障害者にとっての障壁を除去する努力を企業や市民に求める。

 市には「飲食店で車椅子を理由に入店を断られた」など、障害者が差別された事例が報告されており、昨年12月市議会では同条例の制定を求める障害者団体による請願が全会一致で採択されていた。【町田結子】



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。