スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品展:100冊記念し「絵日記展」 高機能自閉症の中1長嶋柊さん--荒川 /東京

【2011/10/20付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20111020ddlk13040202000c.html

 ◇9年間毎日「成長の証し」
 高機能自閉症と診断された千葉市中央区の市立中1年、長嶋柊(とう)さん(12)の作品展「絵日記100%展」が荒川区の古書店で開かれている。9年前から毎日書き続けている絵日記帳が100冊に達したことを記念して約30点を展示。長嶋さんは「自分が成長した証しを見てもらえれば」と話す。

 絵日記は授業の様子や食べたおやつの話など日常生活での出来事を80字前後でまとめ、絵を付ける。100冊に達した9月現在で約3200日分。長嶋さんの母みちるさん(42)は「欠かさない日課になっている。旅行中、寝台特急の中でも書くほど」と話す。

 長嶋さんが診断を受けたのは3歳の時。高機能自閉症とは、知的発達の遅れを伴わない自閉症。当時、ミニカーを並べてじっと見つめたり、公園でも遊ぼうとしなかったりする姿が多かったため、みちるさんが専門医に相談して判明した。みちるさんは「戸惑いとショックが大きく泣いてばかりいた。でも、できることをやっていこうと思った」と振り返る。

 3カ月後、幼稚園の課題で絵日記を始めた。小学校低学年ころまではみちるさんが書いた下絵や文字をなぞるだけだったが、年を重ねるごとに自分の力で書くようになった。数年前からは内容も自分で考え、今では1日に約2時間かけ、100色のオイルパステルを使いこなして表現するようになった。

 みちるさんは「自閉症者にとって自己表現は簡単ではないが、毎日続けてきた絵日記で感情や想像を形にしてこられたのではないかと思う」と話す。

 作品展は荒川区西日暮里の「信天翁」で11月6日まで(月曜休み)。



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

スペシャルオリンピックス:神戸で聖火リレー 知的・発達障害の祭典PR /兵庫

【2011/10/18付 毎日聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20111018ddlk28050372000c.html

 知的・発達障害のあるアスリートたちの祭典「第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」が来年2月、福島県で開催されるのに先立ち、神戸市で17日、大会をPRするトーチラン(聖火リレー)が開かれた。県内の障害者ら約120人が約7・4キロをリレーし、障害者への理解と支援を訴えた。

 NPO「スペシャルオリンピックス日本・兵庫」が主催。大会は、東日本大震災の影響で一時開催が懸念されたが、6月に開催を決定したという。

 この日は、県庁前(中央区)から若松公園(長田区)までを9区間に分けてリレー。同兵庫の宮脇テル子会長は「障害者が自立するきっかけになる」と意義を強調。

 矢田立郎・神戸市長は「被災地福島を元気づける意味もある。障害者への理解が高まることを願っている」と話した。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

小中生6パーセントが震災PTSDか/福島

【2011/10/20付 KFB福島放送より引用抜粋】

http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201110201

東日本大震災や東京電力福島第一原発事故の影響で、県内の特別支援学校の小中学生1176人、6パーセントに心的外傷後ストレス障害(PTSD)を示唆する症状がみられることが19日、福島大人間発達文化学類の松崎博文教授(障害児教育)の調査で分かった。
松崎教授の研究チームは、6月に県内全23校で実施したアンケートの結果をまとめた。
調査によると、再び怖い体験をするのではと不安に思う児童生徒は小学部で6・7パーセント、中学部で6・8パーセントと高かった。
時間が経過しても突然記憶がよみがえるフラッシュバックや不眠は、年少ほど多かったという。
高等部の生徒については923人の約1パーセントが、震災前と比べ無口で引きこもりがちになるなどの変化がみられるという。
松崎教授は「障害のある子は敏感でPTSDなどの反応が出る傾向がある。
年齢の低い子どもの心のケアが必要だ」と指摘した。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

幼児用脳磁計:楽しく簡単に脳機能検査 三辺義雄・金沢大教授ら開発 /石川

【2011/10/20付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20111020ddlk17040498000c.html

 金沢大の三辺義雄教授(精神神経科学)らのグループは19日、幼児でも簡単に脳機能の検査ができる機器を開発したと、米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに発表した。高感度のセンサーを使い、脳の神経活動で発生する微弱な磁場を頭皮上から計測する「脳磁計」で、頭部を覆う部分を子どものサイズに合わせた。同グループは、「これまで困難だった幼児期の脳活動の客観的なデータが取れるようになった」と話し、広汎性発達障害の早期診断への可能性を期待している。

 機器は、横河電機(東京)や島津製作所(京都)などと共同で開発した。台の上に仰向けになり、センサーのあるヘルメット状の部分に約5分間、頭部を入れるだけで計測が可能。幼児は、台に設置されたモニターの画面で、好きな映像を楽しんでいるうちに検査を終えることができる。

 三辺教授らのグループによると、脳機能の測定には、他に磁気共鳴画像化装置(MRI)などがあるが、全身を狭い空間に入れ、大きな機械音が鳴る中で、身動きせず終了を待たないといけない。そのため幼児に検査を受けさせるのは難しかった。

 研究では、この機器で、2~5歳の幼児78人の脳の神経の電気的活動が生む磁場を計測。成人と同様、左脳が言語能力に重要な役割を果たしていることが確認できたとしている。

 同グループは、近赤外線光を頭皮上から当て、脳血流内のヘモグロビンの増減をみる近赤外線の検査機器でも小児用を既に開発。より詳細な脳機能情報のデータ取得に期待している。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

藤沢の美容室チェーンが障害者雇用目的の子会社を設立/神奈川

【2011/10/19付 神奈川新聞より引用抜粋】

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1110190016/

神奈川、東京で92店舗を展開する美容室チェーン「ケンジグループ」(藤沢市鵠沼橘)がこのほど、障害者の雇用を目的とする子会社「ケンジメイト」(同所)を設立、茅ケ崎市本宿町に工場を開設した。すでに知的障害者6人を雇用。グループの美容室で使用するタオルの洗浄を行う。特例子会社として国への申請を予定しており、神奈川労働局によると、認定を受ければ、親会社が美容業のケースとして県内初となる。

 厚生労働省への申請は約1カ月後に行う。神奈川労働局は、県内は製造業などが親会社のケースが多い中、「接客が多い美容室が新たにクリーニング業を見いだし、障害者雇用に踏み出す意義は大きい」と評価。18日に行われた開所式で、ハローワーク藤沢の木村強生所長は「理美容室など少人数多店舗展開の業態は、特例子会社の設立で雇用の場を1カ所に集約できるメリットがある。これを機に広がってほしい」と話した。

 工場は2階建てで、延べ床面積は363平方メートル。1階に業務用の洗浄機と乾燥機をそれぞれ2台ずつ設置、2階が事務所になる。社会福祉法人電機神奈川福祉センター(横浜市磯子区)で就労支援を受けた20~40歳の男女6人が、タオルをたたむ作業や、各店舗に配送するための袋詰めを担う。

 現状は、グループ店全体の5分の1程度のタオル洗浄を請け負うが、将来的には全量を目指すという。

 ケンジグループ社長の本多義久さんは「1971年に藤沢に1号店を出店し、地域の方に支えられてきた。その思いを地域の人と共有したいと探った道。1年後には(障害者の雇用を)8人まで拡大したい」と意欲を見みせていた。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。