スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自閉症・ADHDの友だち」出版 特別支援学校教諭体験談 /岡山

【2011/8/25付 読売新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/okayama/news/20110825ddlk33040504000c.html

◇「障がいは個性、心の目を」 子どもらに理解求める
 県内の特別支援学校教諭の成沢真介さん(49)=北区御津新庄=が、児童書「自閉症・ADHDの友だち」を出版した。特別支援学校で担任した自閉症と「注意欠陥多動性障がい(ADHD)」の2人の子どもについて回想形式で書いている。成沢さんは「子どもたちが発達障がいの子とかかわったとき、『本で読んだな』と思い出してほしい」と話す。【五十嵐朋子】

 成沢さんは10年以上特別支援学校で教え、県内の学校を訪問して教員の相談に乗る巡回相談員の経験もある。執筆のきっかけは、巡回先の学校で、教員から「発達障がいを他の子にどう伝えたら良いのか」と相談を受けたことだった。「学級文庫や図書館で本を読んだことがあれば、子どもたちも理解しやすい」と思い立った。

 「障害者」を「障がい者」と書く表記が広がりつつあり、この本でも、障害は“害”でなく“個性”という考え方から「障がい」と表記している。

 成沢さんは「障がいの特性だけでなく、人間らしさを感じてほしい」と話す。本の後半に登場する中学部の「明くん」は、ADHDの特性で思ったことを何でも口に出してしまう。先生に注意されて「くそじじい!」と反抗したり、友だちをたたいたりする。一方で、人への親切もためらわない。学校行事で外出したとき、歩き疲れた子を見てすぐに「先生、こいつ疲れとる」と休憩を提案。成沢さんは「明くんは人を気遣うやさしい心を持っているのです」と記す。

 本は、明くんと自閉症の「健二くん」についての2部構成。会話の一言一言が生き生きと再現され、読み終わると2人が長い友達であるかのような気持ちになる。成沢さんは発達障がいを「本人も困っている、個性のひとつ」といい、あとがきで「心の目を向ければ見えてくるものがあるはず」と述べる。A5判152ページ。税抜き1300円。問い合わせは文研出版



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

障害者職業訓練:修了 8人全員が介護ヘルパー2級取得 就職活動へ意欲 /新潟

【2011/8/24付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20110824ddlk15100006000c.html

 ◇3カ月の講習自信に--新潟
 今年5月に始まった、障害者が介護ヘルパーの資格取得を目指す職業訓練の修了式が23日、新潟市北区松潟の社会福祉法人「愛宕福祉会」で行われた。県内初の取り組みは、受講生8人全員が約3カ月の講習を終え、ヘルパー2級の資格を取得。就職活動へと踏み出す。【小林多美子】

 訓練は、障害者の厳しい就労環境に、資格を持つことで介護分野での就職を促進するのが狙いで、県から委託を受けた愛宕福祉会により、5月27日に始まった。受講者は知的障害4人、身体障害3人、精神障害1人の男女計8人で、講義や実技のほか、介護施設や訪問ヘルパー同行など現場での実習も行った。

 この日は、一人一人に修了証書が手渡された。同会の障がい者就労支援センター「ドリーム」の斉藤保則センター長は「資格を生かした就職ができるのが一番良いが、たとえ直接生かせなくとも、仕事の幅は広がると思う。資格が、皆さんの人生の一翼を担うことができたらうれしい」と受講生を激励した。

 新潟市の男性(53)は、脳出血の後遺症で右半身が不自由になった。実習では、講義で「介護はコミュニケーションが大事」と教わった意味が理解できたという。「相手が何が好きで嫌いか、楽しいことが何か、分からないと先に進めないことが分かった」と話す。自分自身もリハビリに取り組みながら、訪問介護の仕事を目指すという。新発田市の20代の男性は「今まで知らなかった世界を知れて、これからの就職活動に役立つと思う」と意欲を示した。

 県の職業能力開発校「テクノスクール」は今月26日、ハローワークと協力し、介護職の就職を目指す障害者と企業の合同面接会を実施する。それ以外にも職業開拓や紹介など就労支援を続けていくという。

 同訓練は11月に第2期が始まる予定。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

県立誕生寺支援学校:来春、高等部に職業コース新設 /岡山

【2011/8/23付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/okayama/news/20110823ddlk33100561000c.html

県立誕生寺支援学校(久米南町)の高等部普通科に来春、職業コースが新設される。設けるのは物流、卸売り、小売り、飲食業などのバックヤード業務実習を取り入れた流通サービスコースと業務用機械や器具を用いた清掃実習などに重点を置いた環境サービスコース。定員は両コースを合わせて8人。

 対象は比較的軽度の知的障害者で、保護者と共に同校通学区域に居住し、一人で通学が可能な生徒。就労支援機関や産業現場などと連携しながら校外や事業所で実習を重ね、卒業時に就労に必要な基礎知識などの取得を図る。同校で10月に学校説明会、来年1月には教育相談会を予定している。入学者選抜は同2月に行われる。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。