スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域の温かさが障害者の支え 理解促進へ学生が絵本制作

【2009/08/08付  読売新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/kyousei_news/20090808-OYT8T00301.htm

 白梅学園大学(東京)の学生が中心になって、障害理解を進める絵本「本当にあった話だよ」=写真=を制作した。

 同大発達臨床学科の1年生7人が授業の一環として取り組み、7月に完成した。文部科学省の補助事業で、障害者の家族が経験した実話など5編をまとめている。

 収録された話は、千葉県が「障害者差別をなくす条例」を制定する際に集めた実例などを基にしている。知的障害の子を持ち、同条例の検討会議で座長を務めた野沢和弘さんが、絵本の原文を作った。学生たちは、この原文を子どもにもわかりやすい表現にしたり、挿絵にする知的障害者の描いた作品を選んだりした。

 物語の一つ「勝利の女神の話」は、重い障害のある妹を、友だちに隠し続けた兄を巡る話。母親はある日、兄のソフトボールの試合に妹を連れて行く。最後に兄の友だちが、妹を歓迎する場面が心温まる。ほかにも、知的障害者にまつわる「うるさい子の話」や、視覚障害者に関する「ふしぎな公約の話」などがある。

 指導した同大教授の堀江まゆみさんは、「障害者やその家族は、周囲の受けとめ方次第で暮らしやすくなる。温かい地域の存在が欠かせないことを感じてほしい」と話す。

 絵本は、希望者に無料で配布している。件名に「本当にあった話だよ希望」と書き、住所、名前、電話番号、申し込み理由を明記し、同大学企画調整室のメール(center@shiraume.ac.jp)か、ファクス(042・346・5652)へ。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

映画「1/4の奇跡」反響大きく27日に再び上映会/鎌倉

【2009/08/05付  神奈川新聞より引用抜粋】

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjaug0908104/

 特別支援学校の教諭と生徒の交流を描いたドキュメンタリー映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」の上映会が27日、鎌倉市小町の鎌倉生涯学習センターで開かれる。発達障害の子どもを持つ保護者や支援者のグループ「チーム・ひまわり」(西野奈津子代表)の主催で、今年3月に続き2回目の上映となる。

 チームは、民間の支援教室「ひまわり教室」に通う子どもの保護者や支援者らで昨夏に発足。教室が発達障害の子どもたちの学習支援や母親らの相談を行っているのに対し、チームは保護者とスタッフが一緒になって啓発事業を推進していく。

 今春の上映会は、発足後第1弾の事業。反響が大きく、「もう一度見たい」「見逃してしまったので、もう一度上映してほしい」などの意見が多数寄せられたため、2度目の上映会に踏み切った。

 上映後は、命の尊さや家族愛などをテーマに音楽活動をしている、主婦2人組のユニット「Cocoon(コクーン)」のコンサートも予定されている。

 上映会は午後1時半から。入場料は大人2千円(事前予約1500円)高校生以下1500円(同1千円)。チームのブログ(http://teamhimawari.blog44.fc2.com/)から予約できる。問い合わせは、西野代表電話080(6550)6398。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害、高校でも支援を 文科省の専門家会議が報告書

【2009/08/10付  共同新聞より引用抜粋】

http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009081001000794.html

 文部科学省の専門家会議は10日、学習障害(LD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)など発達障害のある子が、高校に進学する際に必要な支援策を盛り込んだ報告書の素案をまとめた。

 発達障害は脳機能の障害が原因とされ、外見では分かりにくいため支援を受けられない子も多い。

 素案によると、文科省の推計で支援が必要な高校生は全日制の1・6%に比べ、定時制で14・1%、通信制で15・7%と高い割合になっている。

 素案は、公立小中学校で進んでいる学習や生活を補助する支援員の配置を高校に広げることを提言。パソコンを活用するなどして理解しやすい授業をし、リポート提出など多用な評価方法を取り入れることも求めている。 高校入試では、既に別室受験や時間延長などを実施する自治体が出ており、公平性を保ちながらこうした措置を広げるよう促している。

 卒業後の進路は生徒の特性を踏まえ、企業や大学と連携を深めることを求めた。教育委員会に専門の担当者を置いて就労の橋渡しをすることも提案。ノウハウを蓄積している特別支援学校を、センターとして活用する必要性も盛り込んでいる。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

高校進学者:2%に発達障害--文科省調査

【2009/08/11付  毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/life/edu/news/20090811ddm002100079000c.html

 高校進学者のうち、2・1%程度の生徒に自閉症や学習障害(LD)などの発達障害があることが10日、文部科学省の調査で分かった。定時制高校では進学者全体の14・1%を占めていた。発達障害がある子供たちの高校進学に関する実態はこれまで不明だった。

 中学の通常学級に在籍し、今年3月に卒業した生徒約1万7000人を対象に調査した。卒業時点で発達障害があるとされた生徒は約2・4%で、うち約86・5%が高校に進学。進学者全体に占める割合は約2・1%だった。全日制の中では1・6%にとどまり、定時制や通信制(15・7%)の高校が受け皿になっている実態が浮かんだ。【井上俊樹】

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。