スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「70歳のタイガーマスク」福祉施設に寄付/弘前

【2011/2/5付 陸奥新報より引用抜粋】

http://www.mutusinpou.co.jp/news/2011/02/15031.html

 漫画タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗る人物からの贈り物が県内各地の児童施設などにも広まっているが、今度は「70歳のタイガーマスク」を名乗る男性が4日午前、弘前市高屋の障害福祉サービス「であいの家あうん」(成田春洋施設長)に現金30万円を寄付した。
 成田施設長によると、同日午前11時40分ごろに施設を訪ねてきた男性が成田施設長に現金の入った封筒を手渡し、「自分にも発達障害の子がいる。子供たちのために頑張ってほしい」と告げて立ち去った。
 その際、男性は「70歳のタイガーマスクということにしてくれ。一つくらい良いことをしたい。はやっているので便乗する」とも話したという。
 成田施設長は「見た目は70歳よりも若く見えたが、くれぐれも70歳の男ということにしてくれと言われた」と話し、「うちでは発達障害の人たちの相談窓口を持っているが、自閉症などに対する市民の認知度はまだ低い。発達障害への理解を深める活動に善意のお金を使いたい」と感謝した。


スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症知って マリンバ演奏/山口

【2011/2/10付 中国新聞より引用抜粋】

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201102100025.html

周南市教委は16日、自閉症の武居輝樹さん(22)=下松市西豊井=のマリンバのコンサートを周南市岐山通の市市民館小ホールで開く。2部構成で、クラシック、童謡など9曲を披露する。1部と2部の間に、母の芳子さん(50)が自閉症について解説する。

 武居さんは3歳で自閉症と分かった。マリンバは下松中2年の時、上手に演奏する自閉症の人がいると知った芳子さんの勧めで始めた。

 防府養護学校高等部(現防府総合支援学校)1年で初めてコンサートをして以来、年3回ほど山口県内の小学校や特別支援学校を訪ねて演奏している。現在は周南市内の障害者就労支援施設に週5日通いながら、自宅などで毎日練習している。

 午後3時開演で1時間半の予定。ピアノの伴奏に合わせ、バッハの「メヌエット」、童謡「赤とんぼ」などを演奏する。芳子さんは「周囲が自閉症について正しく理解し、支援すれば、自閉症の人も社会で暮らしていけることを知ってほしい」と話している。

 無料。市教委人権教育課
 


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

福祉ナビ:障害者への消費者教育の重要性が高まっています。

【2011/2/9付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/life/edu/news/20110209ddm013100008000c.html

 ◆障害者への消費者教育の重要性が高まっています。

 ◇断る力つけ自分を守る 相談できる人挙げて/周囲も気づく力必要
 知的障害や発達障害のある人を狙った悪質商法などが横行している。企業で働き、地域で生活する障害者が少しずつ増えている今、お金の使い方やだまされない知恵を身につけることは大切だ。社会に出る前に何を学べばいいのか。

 昨年12月、東京都港区の都立港特別支援学校。高等部3年生9人の前で、区内で消費者問題推進員を務めるボランティアたちが寸劇を始めた。

 「ゲームが安いよ! 普段は8000円だけど、今日は5000円でお得だよ」。下校中の生徒役にビデオショップの店員役が声をかける。生徒は「お金がない」と答えたが、店員は「ここに名前と住所を書けば大丈夫」と用紙を差し出した。

 ここでボランティアが「こんな時どうしますか」と質問。生徒たちは数字の書いた札を渡され、「名前などを書く」と思う人は(1)、「家族に相談する」人は(2)を上げた。

 正解は(2)だが、(1)を選んだ生徒も2人。「えー、そうなの?」と間違えた男子生徒が声を上げた。ボランティアが説明した。「お金を払わなくても名前を書いたら買うことになります。高額の物を買うときは家族と相談しましょう」。その後は「いりません、帰ります」と断る練習を繰り返し、若者を狙ったデート商法などの手口も学んだ。

 見知らぬ男性に「付き合って」と言われ待ち合わせしたことがあるという女子生徒(18)は「私こういうの、ひっかかりやすいから危ない。いい勉強になった」。男子生徒(18)は「とにかく誰かに相談するのが大事」と納得した表情だった。

 授業を受けたのは、企業就職を目指す生徒たち。同校は3年前から区立消費者センターと連携した消費者教育を始めた。家庭科の長谷川祐子教諭(54)は「就職すればこれまでとケタ違いのお金を手にする。その前に自分を守る知識を身につけてほしい」という。

   *

 国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた認知症高齢者や知的障害者ら「判断不十分者」からの相談は、00年度の4067件から09年度は1万370件と2・5倍に増えている。

 こうした人たちが被害に遭いやすいのは、きっぱり「嫌だ」と言うのが苦手だったり、先を見通せないなどの障害の特性と関係がある。だまされたことを自覚していなかったり、他人にうまく説明できないため、被害が潜在化しやすく、自分で解決のための情報を得ることも難しい。

 障害者福祉に詳しい白梅学園大の堀江まゆみ教授(52)は、特別支援学校での授業を「親元を離れる前にお金や消費者被害について教えることはとても有意義」と評価する。

 実効性のある取り組みとして堀江教授がすすめるのが「相談する人自慢大会」。家族やグループホームの世話人、仕事場の上司など相談できる人の名前をあらかじめ挙げておき、困った時にすぐに思い出せるようにするのだという。実際、このワークショップに参加した知的障害の男性がキャッチセールスで契約させられた直後に「いま契約しちゃった」と周囲に助けを求め、被害を食い止められた事例もあるという。「教えれば絶対に自分で被害に気づけるようになる」と堀江教授。

 ただし「本人がどれだけ気をつけても被害に遭うことはある。周囲の人たちが被害に気づく力を身につけることも大切」。地域に住む障害者と支援者、住民が一緒になり、障害の特性や消費者被害の現状について学ぶ必要性を訴える。

   *

 教材や資料は多くないが、最寄りの消費生活センターなどで探すことができる。

 NHK厚生文化事業団が作った3巻のDVD「知的障害や自閉症等のある人たちをトラブルから守る」は障害者に加え支援者や相談員も対象にしている。専門家が被害に遭いやすい障害特性を説明し、だましの手口が分かるドラマ、地域でのワークショップの進め方も網羅している。

 東京都消費生活総合センターは昨年、DVD「断るチカラの磨き方」を最近の手口に沿った内容に改定した。高校卒業後、レストランや事務の仕事で働き始めた男女が架空請求やマルチ商法に遭うドラマを収録。また、ネット上で、ゲーム感覚で学べるウェブ読本「ハカセといっしょに消費者の時間へGO!」も作成。クーリングオフなどの被害回復法も紹介している。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

新日本科学、米国Pastorus社とライセンス契約

【2011/2/10付 サーチナより引用抜粋】

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0210&f=business_0210_114.shtml

新日本科学は、米のPastorus社と、自閉症スペクトラム(以下、ASD)という、多彩な症状がある自閉症により多様性を表す概念とした広汎性の脳発達障害を1つの要素として捉えた、脳機能障害の治療を目指したオキシトシン経鼻剤の開発・販売等に関するライセンス契約を締結したことを発表した。

ライセンス契約締結に伴い、新日本科学はPastorus社から契約一時金と本剤の開発進捗に応じたマイルストーンに加え、上市後は本剤の売上に応じたロイヤリティを受け取る権利を有した。また、本剤の承認申請に必要な前臨床試験および臨床試験の一部を受託する予定。 


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。