スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害を理解するために 厚木中RCがガイドブック8,000部作成/神奈川

【2010/10/29付 タウンニュースより引用抜粋】

http://www.townnews.co.jp/0404/2010/10/29/75988.html

 厚木中ロータリークラブ(建部覚会長・会員数53)が「障害をいかに正しく理解し、接することができるか」をテーマに、健常者のためのガイドブック『この街でともに』を作成した。11月に市内の関係公共施設や学校などに配布する。

 このガイドブックは平成21年度に障害者団体および障害者ボランティア団体等で構成するガイドブック編集委員会の意見をまとめて厚木市が作成した冊子をもとに、厚木中RCが編集したもの。視覚・聴覚・自閉症などの障害をイラストやカラーで見やすく分かりやすく解説し、望まれる支援や接し方が簡単に説明されている。健常者に向けた障害者のためのガイドブックが発行されている例は全国的にも稀という。

 ガイドブックはA4判34ページ、合計8000部。文字も大きく読みやすい。
小学生にも理解できるレベル。社会教育にも大いに役立つと期待されている。

 今後、厚木市と連動し、市内の公共施設を主とした各地区センター、小・中学校、高校、大学、医療・福祉関係、市内企業などに配布する。

 同クラブはガイドブックの出版に際し、障害について学ぼうと10月20日、リハビリテーション医学の専門医・大橋正洋神奈川県リハビリテーション支援センター所長を招き「障害をもつ人への理解」をテーマに勉強会を行った。


スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害児用ケータイ:香川大実験、学習意欲が向上 ソフト無料配布 /香川

【2010/10/30付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20101030ddlk37040529000c.html

 自閉症などの発達障害児や学習障害児を対象に、富士通(本社・東京都港区)開発の携帯電話ソフトを使った学習・生活支援の実証実験を進めていた香川大教育学部の坂井聡准教授が29日、結果を発表した。ソフトによって、文字の書き間違いや学習意欲などが改善されたことが分かった。同社は、同日からソフトの無料ダウンロードを始めた。

 ソフトは、▽画面の動きや音などで時間の経過を伝える▽学校や乗り物などのイラストや写真で、その日の予定などを順番に確認できる▽漢字の筆順を教える--の3種類。坂井准教授らは、同大学教育学部の付属特別支援学校などに通う児童・生徒15人に対し、5~9月に実証実験した。

 筆順ソフトでは、12画の漢字を見て書く際の書き間違いが、漢字ドリルでは1・39画あったが、同ソフトでは0・14画に減った。視線の移動回数は、ドリルは4・6回に対し、11・6回。ほぼ1画ずつ確認して文字を書くことがわかった。

 学習意欲は、保護者に7点満点の評価をしてもらった結果、携帯ソフト使用前が4・2点、使用時は5・5点。しかし、その後、漢字ドリルで学習すると、3・2点まで落ちた。坂井准教授は「携帯ソフトは、学習意欲や楽しさにつながることがわかった。しかし、ソフトがなくなると、学習意欲が前よりも悪くなる傾向があるので、継続的利用などが課題」と話していた。

 無料ソフトは、富士通製のNTTドコモの携帯電話16機種で利用できる。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

成長の証し スペシャルオリンピックス、11月5日から/大阪

【2010/10/30付 Asahi.comより引用抜粋】

http://www.asahi.com/kansai/sports/news/OSK201010300083.html

 知的障害がある人のスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス(SO)日本・夏季ナショナルゲーム」が11月5日、大阪で開幕する。水泳や陸上など12競技に、全国各地区から1048人が参加。熱い思いで練習を続けてきた選手たちの成長の証しを、家族や支援者らが見届ける。

 大阪地区代表の谷口公彦さん(20)は水泳50メートル自由形に参加。全国大会の出場は今回が初めてだ。伸び伸びとした手のかきと、力強いキックが持ち味。中度の障害があるが、水が大好きでプールに入ると自然と笑顔になる。直前の練習では2カ月前より9秒早い40秒49を出し、「金メダルを取ります」と意気込む。

 大会開催だけでなく、日頃から仲間と定期的に練習することもSOの一環。谷口さんは3年前から活動に参加し、毎週、ほかの知的障害者の仲間15人と練習してきた。

 ボランティアコーチの柳井祥晴さん(54)は「皆と一緒に練習し、もっとうまくなりたいという気持ちが芽生えた。技術的にも精神的にも成長した」。谷口さんの母美智代さん(55)は「楽しそうに頑張っている姿は親にとっても支えになります」と話す。

 和歌山地区からボウリング競技に参加する西浦隆晃さん(20)。練習では誰よりも一生懸命にボールを磨き、丁寧にピンを狙う。

 SO和歌山地区は今春できたばかり。西浦さんの母千賀子さん(50)が10年ほど前、新聞でSOの存在を知り、設立を呼びかけてきた。最初は選手や支援者が集まらず、定期的に練習できる場所を見つけるのも一苦労だった。

 西浦さんは当初、ボウリングの練習を嫌がった。千賀子さんは「我が子のためと思ってたけど、一体、何しているんだろう」と自分を責めたこともあった。だが、西浦さんはいつしか練習日に自分から水筒を用意するようになる。重度の自閉症で、練習中にトイレにこもってしまうこともあるが、仲間がトイレに呼びに行くほど仲良くなった。

 西浦さん親子が感じるSOの魅力は、障害の軽重に関係なく大会に出られるチャンスがある点だ。選手選考は成績順ではなく、抽選などで決まる。千賀子さんは言う。「SOは私たちの居場所みたいなもの。人生の宝物です」
 競技は6、7の両日、大阪府内10会場で繰り広げられる。詳細はSO夏季ナショナルゲーム・大阪の公式ホームページ(http://www.son.or.jp/sonng2010/)で。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害 バスで知って/山口県宇部市

【2010/10/30付 Asahi.comより引用抜粋】

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000001010300003

◆生徒がデザイン
  車体に「えっ 知らんほ? 発達障害のこと」と書いた標語とたくさんの笑顔をあしらったラッピング(包装)バスが29日、宇部市役所にお目見えした。県立宇部総合支援学校中学部1年の御手洗敦也君(13)が「笑顔でいっぱいのまちになってほしい」とデザインした。

  発達障害のある人たちを支援する市の「発達障害児を支えるネットワーク協議会」の啓発活動の一つ。市交通局が11月1日から5カ月間、12路線で走らせる。市によると、車体の大部分を広告で覆うラッピングバスで発達障害を啓発するのは県内初。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

自立支援法改正案の早期成立を 障害者団体が声明

【2010/11/2付 共同通信より引用抜粋】

http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110201000636.html

 発達障害などの障害者を支援する9団体は2日、先の通常国会で廃案になった障害者自立支援法改正案の今国会成立を求める声明を出した。

 政府は「障がい者制度改革推進会議」を設け、2013年8月までに、自立支援法に代わる障害者総合福祉法を施行する方針。それまでのつなぎとして、サービスの利用者負担を、量に応じた「応益負担」から所得に応じた「応能負担」に変更する改正法案が5月、衆院で可決されたが、参院では採決されなかった。

 推進会議に参加している障害者団体には、改正法案に慎重な意見もある。9団体は「推進会議での議論を阻害するつもりはないが、地域により発達障害の支援にばらつきがある課題を解消するためにも、経過的な措置が必要だ」と、早期成立を訴えた。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。