スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害ある子に馬のぬくもり 盲目の山下さん、活動2年/京都

【2010/9/20付 京都新聞より引用抜粋】

http://mytown.asahi.com/areanews/kyoto/OSK201009190037.html

 難病で視力を失った山下泰三さん(62)=西京区=が、馬とのふれあいを通じて生きる楽しさを発見して欲しいと、知的障害や自閉症の子供たちを対象に、ホースセラピー「しょうがいしゃ馬っ子の会」を開いている。自然の中で馬にまたがる子供たちの元気な声に、「少し成果が出てきたかな」とほほえむ。

 ある休日、南丹市日吉町にある大学の馬場に、ダウン症や自閉症などの子供約20人が集まった。子供たちは父母やボランティアに支えられ、ゆっくりと馬の背に腰を下ろす。3人の大人に付き添われて馬が歩き始めると、最初は不安そうな子供たちも、いつもと違う視界や揺れに笑顔がこぼれる。「お馬さん! 乗りたい!」。順番待ちではしゃぐ子供たちの声を、山下さんは穏やかな表情で聞いている。

 40歳のころ、難病の網膜色素変性症と診断され、50歳を過ぎて視力を完全に失った。将来を悩んでいたころ、家族に連れられて出かけた北海道の牧場で、馬に出会った。初めて触れる馬のぬくもりや心地よい振動に、「こんなに楽しいことがあるのか」と感動したという。

 「自分も、馬に生きる勇気をもらった。こういう体験を、必要としている人に届けられないか」

 支援者を集めて2008年、会を立ち上げた。設立から2年、「子供たちにも変化が見え始めた」と山下さん。1年前から参加する向日市の女の子(7)は、以前より言葉が増えた。馬が大好きな北区の平松あずささん(8)は、他の子供たちが乗っている間、順番を待ちきれなかったが、最近は「じゅんばん」と自分に言い聞かせるようになったという。

 子供たちの姿に、父母も喜ぶ。右京区の柵木(ませぎ)郷子さん(55)は「障害がある子供が馬に乗れる機会は少ない。自身も障害があるというのに、山下さんの厚意と熱意には本当に感謝です」と話す。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害児らに勇気/島根

【2010/9/24付 読売新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/news/20100923-OYT8T00682.htm

 自閉症など発達障害を持つ子の親らが、バンド「まんまみ~や」を結成、25日、松江市立母衣小でステージデビューする。いずれも青春時代に音楽に打ち込んだ、かつてのバンドマンや合唱少女で、20~50歳代の11人。「演奏を楽しむ姿を見せることで、我が子やほかの親たちに勇気を与えたい」と、練習に励んでいる。(南暁子)

 市民団体「県ことばを育てる親の会」(今岡克巳会長、約190人)松江支部の会員やOBを中心に1か月前、誕生した。同会は、コミュニケーションに問題を抱える子の親たちが集い、悩みを語り合い、キャンプなどを楽しむ交流の場。25日に同小である支部勉強会の講演を任された今岡会長(56)が、「お話ばかりでは、空気が重くなりがち。音楽を盛り込もうよ」と提案したところ、腕に覚えがある親たちが手を挙げ、バンド結成が決まった。

 「穏やかな心で子と接するために、まずは親が人生を楽しもう」がモットー。バンド名には、子をありのままに受け止めようというメッセージと、音楽を楽しむ親の姿を見てほしいという思いを込めた。

 毎週のようにパート練習を重ね、先月26日は、同市東朝日町の朝日公民館で全体練習。一人が「こりゃあ、CDデビューも夢だないね」とおどけると、別のメンバーが「じゃあ、ポスターはどげすっかね」と応じ、どっと笑いが起きる。絶えず誰かが冗談を飛ばし、明るい雰囲気に包まれている。

 ボーカルの同市東朝日町、主婦安元真理子さん(48)は、重度の自閉症の長男(21)と、アスペルガー症候群の次男(18)の母。長男の障害がわかって以降、療育に追われて笑うことも少なくなっていた。だが、同じ悩みを持つ母親仲間と「どんなに疲れていても、月に一度、おしゃれをして街中へランチに出かけよう」とルールを作り、自分の時間をつくるよう努めた結果、心に張りが生まれ、子どもにも優しく接することができるようになったという。

 「親が生き生きしていれば、子どももうれしいはず。まんまみ~やを見て、ほかの親たちが『私だって負けずに何かを楽しむぞ』と思ってくれたら」と張り切る。

 当日の支部勉強会は午後1時半に始まり、演奏は同2時からの予定。約50人の会員らを前に、連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」や「ルージュの伝言」など4曲を披露する。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

札幌市が発達障がい者の支援をまとめた冊子を交付/北海道

【2010/9/19付 障がい者の働く場ニュースより引用抜粋】

http://www.hatarakuba-info.com/news_yNkhQLirq.html

発達障がい者と付き合うポイント
札幌市が立ち上げた市内の就労支援関係者によるプロジェクトチームが、自閉症などの高機能広汎性発達障害のある方への理解を促すことを目的として、一般の職場向けに、発達障がいのある方たちへの支援ポイントをまとめた冊子を製作した。
具体的事例から学ぶ
冊子では、分かりづらいと思われがちな発達障がいの特性や、発達障がい者のいる職場内で起こりがちなすれ違いや職場で問題が起きたときの対処方が、イラストで分かりやすく説明されている。

冊子のダウンロードはホームページ内から無料で行える。冊子の巻末には相談窓口一覧等も掲載されていて、非常に便利だ。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

障害児と家族を招待 ズーラシアが参加者募集/横浜

【2010/9/23付 タウンニュースより引用抜粋】

http://www.townnews.co.jp/0105/2010/09/23/69510.html

 障害を持つ子どもたちとその家族を日中の動物園に招待する国際的イベント「ドリームデイ・アット・ザ・ズー」が、11月9日(火)によこはま動物園ズーラシアで開催される。

 今回は休園日を利用。参加者は入園料と駐車場料金が無料になる。対象者は原則、「身体障害者手帳」「愛の手帳(療育手帳)」「精神障害者保健福祉手帳」を持っている子どもとその家族300組になる。

 応募はズーラシアのHPから申込書をダウンロードしFAX、または直接、申し込みフォームから。9月30日(木)必着。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。