スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害児に波乗りを…横須賀出身のサーファー・アンジェラさん「海の力で笑顔広げたい」/神奈川

【2010/8/22付 神奈川新聞より引用抜粋】

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1008220027/

 障害のある子どもたちに海の素晴らしさ、エネルギーを感じてほしい―。そんな思いで活動する団体がある。知的障害児のためのサーフィンスクールを企画しているボランティア団体「Ocean‘s Love(オーシャンズ ラブ)」だ。横須賀市出身でハワイ在住のプロサーファー、アンジェラ・磨紀・バーノンさん(30)が中心となり活動している。アンジェラさんは「海やサーフィンには、人の心をオープンにする力がある。一人でも多くの子どもを笑顔にしたい」と願っている。

 7月下旬。茅ケ崎市東海岸南の海に、子どもたちの笑い声が響いた。同市社会福祉協議会障害者生活支援センターが主催する「サマースクール」に参加した8人の障害児だ。

 スクールは、センターが障害児のために2007年度から実施している。これまで料理教室や音楽教室など屋内でのイベントが中心だったが、Ocean‘s Loveの存在を知り、初めてサーフィン教室をメニューに取り入れた。

 参加者は初めて波乗りに挑戦する子ばかり。最初は水さえ怖がった。だがアンジェラさんをはじめ、団体のスタッフが水かけっこなどをしながら徐々に沖に誘い、サーフボードに腹ばいに乗せた後、波に合わせて少し押してやると、ボードは一気に岸に。子どもたちの顔に笑みが広がった。

 アンジェラさんが活動を始めたきっかけは、04年にさかのぼる。障害のある兄がいる。「お兄ちゃんと同じように、障害のある子どもたちのために何かできないか」。その思いは心の中にずっとあった。ハワイで友人に誘われ、自閉症の子どもたちにサーフィンを体験させる活動に何げなく参加した。

 アンジェラさんの目すら見られない子どもがたった一度、波に乗っただけで表情が一変した。岸までたどり着くと笑い声がはじけ、「One More(もう一回)」とせがむ子どもたち。「サーフィンや海の持つ、人の心を動かす力に驚いた」とアンジェラさん。「日本でもやりたい」。その翌年から活動を始めた。

 「海に触れ、サーフィンを体験すると、どの子も心が明るく、オープンになる」とアンジェラさん。だが障害があるがゆえに、なかなか海に連れていけない保護者も多い。「一度でいいから、サーフィンや海の素晴らしさを体験してほしい。その輪を広げ、全国の子どもたちを笑顔にしたい」。活動を始めたときの願いを胸に、今日も子どもたちと波に乗る。

 Ocean‘s Loveは9月11日、茅ケ崎で知的障害児のためのサーフィンスクールを開催する。定員は10人。詳細はホームページ(http://www.oceanslove.org/)から。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害支援のイラスト紹介 佐久で9月10日から展示会/長野

【2010/8/19付 信州Liveonより引用抜粋】

http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/10336

 自閉症など発達障害の子どもらの生活や学習支援に使うイラスト「ドロップス」の展示会が、9月10~23日に佐久市佐久平駅北の元麻布ギャラリー佐久平で開かれる。ドロップスは県内の養護学校教諭らが考案、全国で利用されており、佐久地方の教育、医療、福祉、美術関係者ら10人が「発達障害への理解を深めよう」と、実行委員会をつくって企画。公開討論会やワークショップも開く。

 ドロップスは、言葉による意思疎通が苦手で、視覚による理解の方が得意な子どもらとスムーズにコミュニケーションが図れるよう作られた。ハンカチで汗をふく男の子のイラストで「暑い」を意味するなど、動作や感情などを示す千種類がある。


 2007年から県稲荷山養護学校(千曲市)の青木高光教諭らのグループが作製を進めており、国内外の特別支援学校などが利用している。大半はグループのホームページから無料で入手できる。


 また、多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」などの画面にドロップスを表示、触れると音声で意味が流れ、言葉とつなげて理解できるソフト「ドロップトーク」も開発されており、5月からインターネットで有料配信が始まっている。


 展示会ではA4判に印刷したドロップスを会場に飾り、教育現場の使用例を写真などで紹介。ドロップスを描いた缶バッジや絵はがきも販売する。19日は午後1時からワークショップも開く。ドロップス作製の体験などを計画している。


 また、12日午後1時半からは同市の県佐久勤労者福祉センターで、実行委や自治体の福祉担当者らによる討論会を開き、発達障害の支援について地域の現状や課題を話し合う。


 実行委の一人で県教委の発達障害支援専門員、宮尾彰さん(44)=小諸市=は、「いろいろな人が障害者支援を考える機会にしたい」と話している。開館は午前11時~午後7時。入場無料で期間中は無休。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

中京の女性、自宅を改装 自閉症長男にギャラリー/京都

【2010/8/24付 京都新聞より引用抜粋】

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20100824000078

 アート活動をする自閉症の長男(20)の絵画作品を発表する場として、京都市中京区のコピーライター衣笠珠美さん(49)が自宅を改装したギャラリーを開いている。衣笠さんは障害者の芸術作品が「ボーダーレス・アート」などにジャンル分けされてしまう風潮に疑問を抱き、「芸術表現の分野にまで障害の有無を持ち込みたくない」と、自閉症を強調せず、純粋に絵を鑑賞する空間とした。

 中京区小川通三条上ルの「ギャラリーミラクル」。自宅1階をリフォームし長男泰介さんの絵画を「TAISUKE WORLD」として常設展示している。現在は今年描いた作品が中心で、衣笠さんは「パレットナイフから筆までを使い、多様な表現方法にチャレンジするようになった」と話す。油絵の具などを塗り重ねて立体感を出した独特の作風で、光あふれる上海の夜景や、色鮮やかな世界を走るSLなど約20点が並ぶ。どれも実際の光景とは異なるが「彼は音や空気に色を感じ、見たままを表現している」(衣笠さん)という。

 泰介さんは2歳の時に自閉症と診断された。対面のやりとりは苦手だが色彩感覚は豊かで、小学校から高校まで、絵日記で教師とコミュニケーションを取った。その絵が評判になり、中学卒業時には個展を開催。高校を卒業した2年前に、衣笠さんら家族が「才能を生かしてほしい」と、自前のギャラリーを開いた。

 展示スペースでは泰介さんの自閉症には触れていない。「健常者の作品と何ら変わらないのに、障害者のアートは区別される風潮がある」と感じてきた衣笠さんが、「ニュートラルな視点で絵を評価してほしい」と考えたからだ。

 泰介さんの常設展だけでなく、一般の企画展も開いている。不定休。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

障害児教育などで教職員4万人増 文科省計画

【2010/8/25付 共同通信より引用抜粋】

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082401000901.html

 文部科学省が、公立小中学校の中長期的な教員配置の指針となる第8次教職員定数改善計画案に、障害のある児童生徒への特別支援教育など多様なニーズに応えるため、2014年度からの5年間で4万人の定数純増を盛り込むことが24日、同省関係者への取材で分かった。

 同時に、40人学級を改め、1クラス当たり30~35人が上限の少人数学級を目指す狙いで来年度から8年間で定員を約2万人の純増とすることも盛り込むが、4万人はこれとは別枠の措置。

 ただ計画案は「4万人の純増には恒久的な財源確保の理解を得ることが必要」と総額1千億円規模とみられる追加財源の確保が課題であることを認めており、計画通りに実施できるかどうかは不透明だ。

 計画案では、発達障害などがある子が、通常学級に在籍しながら障害の程度により特別支援教育も受けられる「通級指導」の拡充や、習熟度別指導などきめ細かな教育を可能にするための教員の定数増が柱。

 注意力に欠けて動き回りがちな注意欠陥多動性障害(ADHD)など発達障害のある子どもへの対応は教育現場の大きな課題になっており、専門知識を持つ教員の増員が求められている。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。