スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転手ら発達障害学ぶ、修学旅行シーズン前に/栃木

【2010/3/15付  下野新聞より引用抜粋】

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20100315/295224

 【宇都宮】春の修学旅行シーズンを前に、関東自動車で観光バスを運行する運転手とバスガイドら計36人が10日、駒生町の県発達障害者支援センター「ふぉーゆう」で、発達障害の特性や対応を学んだ。

 修学旅行や遠足でバスを利用する児童生徒の中に、発達障害とみられる子どもが目立ってきたことから「理解を深めたい」と、センターに依頼した。

 同センターの中川由佳子臨床心理士が、多動やこだわりの強さといった発達障害の特性について説明。

 質疑応答では、「到着してもバスから降りてくれないときは、どう促したらいいか」「運転席に近づいて危険な場合、どう注意すればいいか」などの質問が相次いだ。

 同社の担当者は「私たちが対応を学ぶことによって、引率の先生や保護者の負担が減り、安らいでもらえるようにしたい」と話している。

 センターに企業が社員研修を申し込んだのは初めて。桜井きよ子センター長は「交通機関以外にも、店やサービス業など、発達障害のある人に接する可能性のある職種はたくさんある。研修をしたければ、相談してほしい」と話している。研修は無料。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

若者自立支援基金:年会費1000円でランチ250円 にこまる食堂に共感 /神奈川

【2010/3/16付  毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20100316ddlk14040285000c.html

◇横浜・K2インターナショナルが5店でスタート、東京の居酒屋も参加
 年会費1000円を払うと250円でランチを食べられる「250にこまる食堂」が広がっている。単なる格安ランチではなく実は、年会費を積み立てた基金で、生きづらさを抱える若者の職業訓練などを支援するプロジェクトだ。そうした若者も勤める横浜市の5店で始まり、東京都内の居酒屋が2月下旬に加わった。居酒屋の山本友大店長(32)は「最初は赤字になっても、とにかく多くの人に食べに来てもらって社会貢献も商売も両立させたい」と意気込む。【杉埜水脈】

 「親子(丼)オッケーイ!」。威勢の良い店員の声が飛び交う。JR蒲田駅前の居酒屋「叶え家」(東京都大田区西蒲田7)のランチタイム。だしの染みた鶏肉に半熟卵が絡む親子丼や、香ばしいカツカレーなど6種類のメニューが、どれも250円(非会員は300円)だ。山本さんは「せめて390円でやりたかった」と苦笑する。

 「にこまる食堂」は、親らが設立した基金に年会費が寄付され、若者のジョブトレーニング費や運営費、新店舗設立資金に充てる仕組み。非会員に上乗せされた50円も寄付に回る。若者自立支援活動を約20年間続けるK2インターナショナルジャパン(横浜市磯子区)が昨夏、市内で自営するお好み焼き店やカフェ計5店で始めた。今では1日計約250~300食が売れる。

 5店は、長期間のひきこもりや軽度の発達障害などのために、一般企業になじみにくい若者の職業訓練や雇用の場でもある。彼らに飲食業について講義した縁で山本さんは2年前、K2スタッフと知り合った。叶え家の店員は特に問題を抱えた若者ではないが、250円という値段に「中途半端でない決意」を感じ「にこまる食堂」に参加した。非会員にも250円で提供中の3月末までに「1日100食」が目標だ。

 250円の秘密は、人脈を生かして協力的な業者や農家から仕入れる食材の安さ。K2の場合、親や支援者らが寄付する食材も豊富だ。寄付を受けた自家栽培の白菜がキムチや豚キムチ丼になったり、柿やミカンが無料で追加されたりする。

 プロジェクトリーダーの岩本真実さん(39)は「仕入れ努力や営業努力で成り立つ値段設定」と言う。寄付のおかげで収益を出すことも十分可能だという。また若者支援だけではなく「誰でも安心して、温かくておいしいご飯が250円で食べられる場所を提供する社会運動」として全国に広げることを目指している。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

ほいっぷ:保健・医療・福祉の複合施設 来月1日オープン--豊橋 /愛知

【2010/3/13付  毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20100313ddlk23040164000c.html

保健・医療・福祉の機能を備えた複合施設「ほいっぷ(愛称)」が4月1日、豊橋市中野町にオープンする。

 こども発達センターと保健所・保健センター、休日夜間急病診療所の市の施設が入る建物と、医師会館、歯科医師会館、薬剤師会館の計4棟が建設された。敷地面積は約3万6000平方メートル。

 市は「これだけの施設が1カ所に集中するのは、全国的にも珍しい」と話している。施設が集中することで、保健・医療・福祉のサービスを連携を図りながら提供できるほか、災害時などには医師や医薬品が迅速に確保できるなどのメリットがあるという。

 新設されるこども発達センターは、東三河初の地域療育センター。保健センターなどと連携しながら、障害の早期発見や早期療育、家族への支援などをする。専門知識を持った臨床心理士や保育士らが各種相談に応じるほか、診療・リハビリテーションなどを行う。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

「職業教育の模範」 橋下知事、たまがわ高等支援学校を視察/大阪

【2010/3/13付  産経関西より引用抜粋】

http://www.sankei-kansai.com/2010/03/13/20100313-021556.php

 大阪府の橋下徹知事は12日、知的障害の生徒が通う府立たまがわ高等支援学校(東大阪市稲葉)を視察した。高い就職率を記録した同校の教育現場や、生徒や教員たちの真剣な表情を目の当たりにし、「職業教育の模範」と評価した。

 たまがわ高等支援学校は平成18年4月に開校。就労や国家資格の取得を目指した教育に取り組み、開校時に入学した昨年度の卒業生の就職率は80%だった。

 橋下知事は接客や金属加工、介護の実習現場を見学。各教室では生徒からはきはきとした声で「こんにちは」と声をかけられ、「こんなにあいさつがしっかりしている高校はない」と驚いた様子。「大阪が誇れる学校。皆さんが頑張ってくれたら、もう1校同じような学校を作りたい」と生徒たちを激励した。

 視察を終えた橋下知事は「僕は数字にこだわるが、数字(就職率)には裏付けがあるということ。先生方には頭が下がる。立派です」と感想を述べた。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

成年後見人の着服急増、財産管理の意識薄く

【2010/3/17付  読売新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100317-OYT1T00583.htm

 認知症の高齢者や障害者などの成年後見人に選任された親族による業務上横領事件が後を絶たない。

 成年後見制度が始まって4月で10年。後見人となる親族への研修もほとんどなく、専門家は「成年後見人に本人のための財産管理という認識が薄い。意図せず犯罪者を生み出す環境になっている」と指摘している。

 読売新聞のまとめでは、親族による業務上横領事件の摘発は2000~05年度は年間0~2件で推移していたが、06~09年度は計25件と急増。今年度は8件が摘発されている。

 今年2月には、秋田、奈良、和歌山県で、成年後見人を務める親族らが相次ぎ同容疑で逮捕された。新潟県では、認知症の母親に支払われた交通事故の損害保険金2850万円を引き出し、旅行費用や車購入などに使ったとして業務上横領罪に問われた息子に、懲役2年4月の実刑判決が言い渡された。

 最高裁によると、不祥事や職務怠慢などを理由に解任された成年後見人(保佐人などを含む)は、00年の37件から増加傾向にあり、08年は257件に上った。財産を着服して解任されても弁済すれば事件化されないことがあるほか、少額の場合は発覚しにくく、事件は「氷山の一角」という指摘もある。こうした問題は、2月26日に東京都内で開かれた成年後見制度に関する公開討論会でも取り上げられた。制度に詳しい弁護士らが「後見人になれば財産が自由になると誤解している人がいて、事件はさらに増える可能性がある」などと指摘した。

 ただ、日本成年後見法学会理事長の新井誠・筑波大教授によると、海外では後見人が講習を受ける機会があるが、日本では選任の通知とともに制度に関するパンフレットを送るだけ。後見人を監督する家庭裁判所の人員も不十分という。

 新井教授は「何のノウハウも持たず成年後見人になるのは無理がある。裁判所や厚生労働省、自治体などが連携してサポートすべきだ。家裁の役割を一部弁護士や司法書士が担えるようにするなど制度の見直しも必要」と話している。

 ◆成年後見人=2000年4月、認知症や障害で判断力が不十分な人に代わり、財産管理などを行う制度としてスタート。判断能力の程度に応じ「後見」「補佐」「補助」に分かれる。家庭裁判所が家族や弁護士などのほか、最近は自治体や社会福祉協議会などが養成した市民後見人も選任している。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。