スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形県内小学校など巡回「わくわく絵本便」 県教育公務員弘済会が企画

【2009/07/14付 山形新聞より引用抜粋】

http://yamagata-np.jp/news/200907/14/kj_2009071400248.php


 山形県内の小学校や特別支援学校を絵本が巡回する「わくわく♪絵本便」が13日、山形市の山形一小(千葉栄一校長)を皮切りにスタートした。

 子ども時代にいい絵本に出合ってもらおうと、県教育公務員弘済会(日下部隆一理事長)が初めて企画した。1、2年生と特別支援学級の児童が対象。絵本は山形市の西小の教諭と児童に選んでもらった。

 小学校を巡回する分は1、2年生用が80作品、特別支援学級用が80作品で、合計3680冊を準備。特別支援学校用に60作品60冊を用意した。これを小学校向けは13~14作品46冊入りを80セット、特別支援学校向けは20冊入り3セットに分け、1カ月単位で県内の全小学校316校と特別支援学校13校を巡回する。

 各校への配達はジブラルタ生命の社員が担当。12月ごろまでには県内すべての小学校に最低1回巡回する予定。来年以降も絵本の数を増やしていくという。

 13日は山形一小で出発式が行われ、1年生39人が出席。日下部理事長が児童代表に絵本が入った箱を手渡した。子どもたちは早速、箱を開け、目を輝かせて絵本を読んでいた。日下部理事長は「絵本に触れることで文章に慣れ、夢を広げてもらえればうれしい」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

障害者支援の資金集めに 劇団四季招き公演 尼崎

【2009/07/14付 神戸新聞より引用抜粋】

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0002125150.shtml


 障害者の自立支援のために劇団四季のミュージカルを上演する「劇団四季尼崎公演チャリティー実行委員会」の公演が、8月2日で10回目を迎える。7年前から年に1~2回、同劇団を尼崎に招き、地域の障害者とともに鑑賞してきた。収益はケアホームの設立資金に充てる予定で、実行委は「ミュージカルを楽しみながら障害者の支援を」と呼び掛けている。

 10回目の演目は「ウェストサイド物語」。1957年に米国のブロードウェーで初演、61年には映画化されてアカデミー賞11部門を受賞した名作。「マリア」「トゥナイト」「アメリカ」などの名曲で知られる。

 実行委は「尼崎で本格的なミュージカルを」を合言葉に、2002年9月から「王子とこじき」など家族で楽しめる作品や「コーラスライン」「ジーザス・クライスト=スーパースター」などを上演してきた。

 実行委の中心は、障害者の一時預かりや短期入所を担う特定非営利活動法人(NPO法人)「ヴィ・リール生活支援センター」(尼崎市)。「障害があっても舞台を楽しめるように」と車いす席を用意、会場ではボランティア約100人が介助する。実行委員長の長尾かほるさん(65)は「観客の思いが強く、カーテンコールの回数はほかの会場とは違う」と話す。

 ケアホームは昨年末に着工予定だったが、業者が破産し、計画がストップ。現在は緊急的にマンション2室を借り、知的障害の男性3人が暮らす。「親の要望が多く、早急に次のケアホームを考える必要がある」という。また公演のチケットは、これまでほぼ完売だったが、昨年からは不況などで残席が目立つ。ケアホーム設立には約2600万円必要といい、長尾さんは「今後も公演は続けたい」と話す。

 8月2日午後5時から、尼崎市昭和通2のアルカイックホール。S席8千円、A席6千円、B席5千円。車いす席は売り切れ。実行委TEL06・6438・8363

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

不登校生を詩で励ます 小松市民病院、小児科医師が贈る

【2009/07/10付 富山新聞より引用抜粋】

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20090710104.htm


 小松市民病院の小児科医師が不登校生たちを勇気づけようと作った詩が、同小児科に通う生徒らの間で共感を呼んでいる。挿絵には広汎(こうはん)性発達障害の高校生が詩を読んで描いたイラストを用いており、易しく温かなメッセージと絵による合作が通院する子どもたちの心を癒やしているようだ。
 詩は上野良樹部長と大月哲夫医師が今年1月から書き始め、それぞれ10編、5編をつくり、「2人の小児科医が今伝えたいこと」と題してまとめた。

 他人と意思疎通ができず人間関係を築けずにいる発達障害などの子どもたちは居場所がなく感情を閉じ込める傾向が強いという。診察では、そうした子どもたちが気持ちを打ち明けられるようにいかに心を開かせるかがカギで、上野医師らは、そのきっかけづくりとして医師の思いを詩に託して伝えている。

 詩はA4判紙に印刷され、通院の希望者に配られている。多くの不登校生たちを診てきた医師の経験を通して、子どもたちをありのまま受け止め、決して一人でないことを伝えたり、大人の身勝手さを指摘したりしながら、閉ざした心を解きほぐすように寄り添う言葉を贈っている。

 イラストを描いたのは坂口春香さん(15)=小松市中海町=で、上野医師が、いしかわ動物園主催の動物年賀状で最優秀賞を受けるなど絵の上手な坂口さんに挿絵を頼んだところ、2、3時間で15編の絵を描き上げた。

 上野医師は「内容をしっかりくみ取って描いた絵で、詩の世界を膨らませてくれている。悩みを抱える子どもたちに少しでも役立てばうれしい」と話している。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

はあとガーデン:障害者の就業支援、南区にオープン /京都

【2009/07/10付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20090710ddlk26040418000c.html


 精神障害や発達障害を持ち仕事を探す人の実習の場として、喫茶店「はあとガーデン」が9日、南区の京都テルサ西館1階にオープンした。障害のある人の就業を支援する府の「はあとふるジョブカフェ」などが設置した。

 「はあとガーデン」では今回4人が実習生として採用、1人が従業員として雇用された。実習生は約3カ月で接客を通しコミュニケーションに慣れ、一般企業などへの就職を目指す。

 実習生たちはこの日、明るい「いらっしゃいませ」の声を店内に響かせ、山本竜馬さん(19)は「実際にお客様がいるところで働くのは楽しい」と話していた。メニューはナシゴレン(680円)▽自家製ケチャップのオムライス(780円)▽ワッフル(380円)など。営業時間は午前8時~午後6時。年末年始以外は無休。【成田有佳】


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

難読症の英国人画家ソープ氏 発達障害者と交流 佐賀市

【2009/07/13付 西日本新聞より引用抜粋】

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/108469

 佐賀市城内の県立美術館で個展を開催中の英国人画家マッケンジー・ソープ氏が12日、会場を訪れ、発達障害の人や家族を支援する同市の特定非営利活動法人(NPO法人)「それいゆ」の利用者とワークショップに取り組んだ。

 ソープ氏は、発達障害の1つで、読み書きが困難なディスレクシア(難読症)の画家。20歳のとき美術大学に入学したのを機に才能が開花し、「愛」「希望」「喜び」といったメッセージを込めた作品を描き、世界中で人気を集めている。

 ワークショップでは、「それいゆ」の利用者15人に、心に浮かんだ花の絵を描くよう指示。利用者は、画用紙いっぱいに各自がイメージする花を思うままに描いていた。

 「すべての芸術家が表現するのは自分自身。自分に正直に、自由に描いて」とソープ氏。利用者が描いた作品は、個展最終日の20日まで、ソープ氏の作品とともに会場に展示される。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。