スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別支援学級:教員が足りない 児童生徒「8人編成」基準で急増、親が手厚さ期待?/文科省

【2009/11/25付  毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/life/edu/news/20091125dde041100019000c.html

◇15年間に小学校1.6倍、中学校1.4倍
 障害を抱えて特別支援教育を受ける児童生徒が急増し、教員数の確保が難しくなっている実態が文部科学省のまとめで分かった。今年度までの4年間で、公立小中学校の通常学級在籍者は21万5000人減ったが、特別支援学級・学校の児童生徒は逆に4万7000人増えた。「通常学級は40人、特別支援学級は8人」と法定の学級編成基準が大きく異なるため、少子化でも学級数は増え続けている。

 特別支援教育は06年の学校教育法改正で位置付けられた。注意欠陥多動性障害(ADHD)▽学習障害(LD)▽知的障害を伴わない高機能自閉症--など従来の特殊教育で支援できなかった軽度発達障害の児童生徒も対象に含めた。小学生の場合、特別支援学級と特別支援学校(旧盲・ろう・養護学校)の在籍者数は昨年度までの15年で1・6倍となっており、中学では1・4倍となっている。

 特別支援学校の学級編成は、特別支援学級より少ない6人(重複障害者は3人)が基準。通常学級は少子化に伴い今年度までの4年間で8529クラスが要らなくなったが、同じ期間に特別支援学級・学校で計9895クラスが必要となった。

 また、通常学級から別の教室に通い「通級指導」を受ける児童生徒も急増している。昨年度は小中で計4万9685人と、93年度(1万2259人)の4倍に達し、対応する教員の不足が問題となっている。

 特別支援教育を受ける児童生徒の急増を、文科省は「はっきりした理由は不明だが、特別支援教育の社会的認知度が上がり、手厚い支援を求める親が増えてきたことが背景にあるのでは」と見る。

 こうしたデータは、文科省が行政刷新会議の事業仕分けのために作成した資料で表面化。25日は教職員給与に充てる義務教育費国庫負担金(1兆6380億円)が仕分け対象となり、同省が要求する教職員定数増などについて議論される。同省は「子供の数の減少に応じ、教員を減らしてもよいということにはならない」と主張する。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

閉所の保育所を福祉施設に/広島

【2009/11/24付  中国新聞より引用抜粋】

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200911240012.html

 広島県世羅町が、3月末で閉所した同町青近の東保育所を、自閉症など発達障害のある子どもを療育する児童デイサービス事業所にリニューアルする準備を進めている。来春開所予定で、施設を運営する事業者を24日から募集する。

 町内にはこれまで児童デイサービスの事業所はなく、発達障害児を持つ保護者から設置の要望が出ていた。現在、町内では23人が障害者自立支援法に基づく児童デイサービスの支給決定を受けているが、多くは尾道市や東広島市の施設に通所している。

 旧東保育所は敷地7363平方メートル。木造平屋554平方メートルの建物や滑り台などの遊具が残っている。町によると、大規模改修の必要はなく、転用は比較的容易という。

 応募の申請書は町役場や町のホームページで取得できる。町保健福祉課

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

自宅に発達障害児 無料相談所を開設 元教授と元保育士 太宰府市の小関夫妻/福岡

【2009/11/19付  西日本新聞より引用抜粋】

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/135395

 太宰府市国分の元大学教授小関康之さん(74)と妻の元保育士節子さん(66)が19日、自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)など発達障害の子どもとその親を中心に支援する「発達相談クリニック」を自宅に開く。九州各地で発達障害児の発達援助を続けてきた夫婦が「地元に貢献したい」と相談にはすべて無料で応じる。

 小関さんは医師ではないが、久留米大医学部講師などとして発達小児科学を研究。九州保健福祉大(宮崎県延岡市)副学長などを歴任し、昨年3月に福岡医療福祉大(太宰府市)教授を最後に退職。2004年春に教え子と自宅に開いた「日米発達障害研究院」で研究を続けている。

 タイヤやボールなどを使った独自の運動で脳の働きを促す「感覚運動調整療法」などで発達援助を実践。今も年7回、大分県や熊本県で「合宿型クリニック」(有料)を開くほか、保育園数カ所で保育課程作成に協力している。節子さんは元公立保育所長でカウンセラー経験もあり、小関さんの活動を支えている。

 夫婦は「ライフワークとして地元の親子を密接に支援したい」と今回の相談機関を新設。1歳半からの未就学児を対象に「発達が遅れている」「育てにくい」などの悩みに原則面談で応じる。これまでの研究・実践から生活リズムや食生活の改善など家庭でできる対処法を助言する。相談は無料(最初に発達チェック票などを送る経費500円が必要)。

 夫婦は「『障害児』と診断されて日々の接し方に悩む親は多い。具体的助言で症状改善に役立ちたい」(小関さん)、「一人一人に合った丁寧な支援をしたい」(節子さん)と話している。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症児の架け橋に 学生ら交流/鹿児島

【2009/11/18付  Asaahi.comより引用抜粋】

http://mytown.asahi.com/kagoshima/news.php?k_id=47000000911170003

鹿児島大教育学部の学生らが月に1度、自閉症の子どもたちと「つぼみ学級」の場で交流を深めている。参加する学生の多くが教師の卵。つぼみ学級での経験を将来に生かそうと、熱心に活動に取り組む。県内では発達障害者の専門家が慢性的に不足しており、関係者は「少しでも携わってくれることが啓発になる」と喜んでいる。
 「じゃあこの後の活動を説明するから、前を向いて下さいね」
 鹿児島市平川町の平川小学校の体育館。おそろいの赤いポロシャツを着た学生スタッフの一人が自閉症の子どもを前に、小学校を出てから電車に乗るまでの順番を絵を使って細かく説明した。
 自閉症の人は、話し言葉による意思疎通が苦手。絵を使うのは、視覚的にこれからの予定を教える工夫だ。学生スタッフのリーダーの甲斐(か・い)浩介さん(21)は「先輩たちから習ったことを踏まえて自分たちで作りました」。
 つぼみ学級は、県自閉症協会(鹿児島市鴨池1丁目)が74年につくった交流の場。親が会合を開く際に自閉症児の面倒を見る形で月に1度開かれ、そこに学生がスタッフとして参加している。同協会に所属する3歳~20代の自閉症の子どもたちの面倒を見るほか、春と夏には親元を離れる宿泊キャンプに一緒に行く。
 運営を担当するのは主に鹿児島大教育学部の特別支援教育を勉強する学生。2年生が運営本部となって活動内容を決める。活動資金は協会や親が出すが学生たちはボランティアで参加している。
 1年生の学生は1年間、1人の自閉症児をつきっきりで担当する。自閉症のことを詳しく知らない学生が多く、実践の場で子どもらと接することで理解を深め、応対技術を学ぶのが目的だ。自閉症の小学5年男児を担当する女子学生は「先輩からもアドバイスをもらえるし、すごく勉強になる」と話す。
 県発達障害者支援センターによると、県内では発達障害に対応できる専門スタッフが少ないという。担当者は「実務経験や体験が役に立っていく。こうした活動を通じて特別支援を勉強しようとする学生が増えているようだ」と活動を歓迎。県自閉症協会の吉田光一会長は「人生が変わる学生もいる。ここから育ってくれるとうれしい。そうでなくても障害のことをわかってくれるだけで成果はある」と学生たちの取り組みにエールを送る。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害の13歳少年、NY地下鉄さまよい11日 無事に保護/アメリカ

【2009/11/25付  CNNJapanより引用抜粋】

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200911250021.html

ニューヨーク(CNN) 米ニューヨーク市内の地下鉄で10月、アスペルガー症候群の13歳少年が11日間にわたってさまよった後、無事に保護されていたことが明らかになった。両親は、息子が姿を消してすぐに警察に駆け込んだが、適切な対応を取ってもらえなかったと憤慨している。
発達障害の一種アルペルガー症候群は、他人とコミュニケーションを取ることが苦手で、対人関係に困難を生じやすい。このアスペルガー症候群と診断されているフランシスコ・エルナンデス・ジュニア君(13)は10月15日、学校で問題に巻き込まれたと思い込んで、姿を消したという。
母親のマルシエラ・ガルシアさん(38)は、すぐに警察に連絡。しかし、真剣に探そうとしない警察の態度を見て、夫ともにポスターやチラシを手作りし、近所や多くの人々が集まる場所、地下鉄の駅などで配った。
このチラシを受け取った交通警官がコニー・アイランド駅付近でフランシスコ君を発見。けがもなく無事だったという。
ガルシアさんによると、フランシスコ君は姿を消したときと同じ服装で見つかった。所持金は11ドルで、地下鉄の売店で買ったキャンディやポテトチップスを食べ、地下鉄駅のトイレで用を足すなど、11日間ずっと地下で過ごしていたらしい。
フランシスコ君は、ガルシアさんにもこの11日間のことは詳しく説明していない。専門家によれば、アスペルガー症候群の少年がこういった状況の際、近くの人に助けを求めることも困難だという。
ガルシアさんは、ニューヨーク市警が当初、フランシスコ君の失踪は単なる家出だと考えていたと指摘。行方が分からなくなってから5日後に、やっと本腰を入れて探し始めたとしている。
16年前にメキシコから米国にやってきたガルシアさんは、警察の対応に業を煮やしてメキシコ領事館に駆け込んでいた。領事館の連絡を受けて初めて、警察が動き始めたと話している。
一方、ニューヨーク市警側は、若者の家出は日常茶飯事であり、数日待ってからフランシスコ君の捜索に取りかかったのは問題ない対応だとしている

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。