スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいの里出身の俳優・伊藤祐貴さん映画初主演 自閉症の青年熱演/北海道

【2009/11/3付  北海道新聞より引用抜粋】

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/197930.html

 北区あいの里の住民有志が、地元出身の俳優伊藤祐貴さん(22)=東京都=の初の主演映画の自主上映会を22日、あいの里で開催する。自閉症の青年を描いた「ぼくはうみがみたくなりました」(福田是久監督)。伊藤さんは福祉施設を訪ね役づくりに臨んだといい、「自閉症のことを知るためにもぜひ見てほしい」と呼びかけている。

 伊藤さんの顔なじみの地域住民約10人が「『ぼくうみ』をあいの里で上映する会」を結成。22日の午前10時と午後1時半の2回、道教大札幌校(北区あいの里5の3)の306教室で上映する。

 自閉症の青年が、人生に行き詰まった看護学生と一緒に旅をし、さまざまな人と巡り合う筋書きで、自閉症の息子を事故で亡くした脚本家山下久仁明さんの同名小説の映画化。千人以上の寄付を得て今春完成した。上映時間は103分。

 伊藤さんは北区あいの里で生まれ育ち、俳優になりたいと都内の大学へ進学、今春卒業した。この作品で500人以上の中からオーディションで選ばれ夢の実現に踏み出した。

 一足先に東京で映画を見た同会代表の主婦宇井智子さん(46)は「自閉症はうまくコミュニケーションが取れないだけで、感じていることは一緒なんだと分かる映画。できるだけたくさんの場で上映されてほしい」と話す。

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

「こどもの心診療センター」開設/福島医大

【2009/11/3付  KFB福島放送より引用抜粋】

http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=200911032

福島市の福島医大付属病院は11日、身体、精神両面から子どもの心の問題の治療や解決に当たる「こどもの心診療センター」を開設する。

小児科と心身医療科の医師、臨床心理士が診療科の枠を超え、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの発達障害をはじめ不登校、いじめなどの悩みを抱える現代の子どもが必要とする医療に連携して取り組む。

こうした取り組みは信州大付属病院に続き全国2例目。

センターは毎週水曜日、精神医療を担っている病院内の心身医療科の診察室に設ける。

原則として15歳未満の子どもを対象にADHDや学習障害(LD)などの発達障害、不登校、いじめ、心因性腹痛や頭痛、摂食障害などの心身症などに対応する。

スタッフは小児科、心身医療科の医師14人と臨床心理士4人の計18人で構成。

センター長は小児科学講座の細矢光亮教授、副センター長は神経精神医学講座の丹羽真一教授と増子博文講師が就く。


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

ハンディを持つ若者、ミュージカルに挑戦/千葉

【2009/11/2付  Asahi.comより引用抜粋】

http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000911020002

 自閉症、ダウン症など様々なハンディを持った若者たちが歌と踊りで演じる「チャレンジド・ミュージカル」が1日と21日、市川市と千葉市で上演される。観客数は過去4作品10公演で累計5500人となり、有料にもかかわらず増え続けている。「一緒に楽しく挑戦する活動をいろんな街へ広めたい」と今後、出張公演にも乗り出す。(鶴見知子)


 「チャレンジド」は、市川市のNPO法人いちかわ市民文化ネットワークが、「障がいがある人もない人も一緒に楽しく」と05年、出演者を公募して始まった。


 新作「サバンナ!」はアフリカの民話を題材にした、広大な草原に生きる動物たちの物語だ。コンゴ出身の音楽家B・B・モフランさんが作曲を担当し、打楽器を奏でながら「王様ライオン」の役も演じる。


 出演者約100人のうち70人が障害を抱える。公演は1回約1時間。じっとしていられない多動な子や、1人では動けない人には学生サポーター20人が寄り添い、支える。


 ライオンの家来役の石井誠さん(24)は客席を笑わせるセリフが多い。広汎性発達障害があるが、発声練習を怠らず、勤めるスーパーマーケットでも元気なあいさつをほめられるようになった。「セリフ、全部覚えた。楽しい舞台にしたい」と張り切る。


 母喜美江さん(61)は「漢字が嫌いなのに、台本の字は全部、自分で調べていた。ミュージカルに出ることで、語彙(ご・い)力と人に合わせる力を身につけた」という。


 特別支援学校高等部1年の吉木香保莉さん(16)は笑顔いっぱいにジャッカルを演じる。「セリフが大変です。がんばります」


 学生サポーターで、東京福祉専門学校2年の小倉順仁さん(20)は「最初は戸惑ったが、一緒にやるうちにみんなの気持ちに共感できた。元気をもらっている」と話す。


 制作・演出を担う同NPO代表理事の吉原廣さんは「アフリカの音楽は気持ちがゆったりする楽しさがあり、チャレンジドの子どもたちに不思議と似合う。いろんな人が一緒に楽しんでいる姿を伝えたい」と話す。モフランさんも「アフリカ音楽はジャズ、ブルース、ロックの源流。音に気持ちを癒やす力があるからね」とうなずく。


 公演は1日正午と午後3時の2回、市川市の市民会館ホール。21日午後0時半に千葉市のOVTAシンポジウムホール。入場料は大人1800円(前売り1500円)、4歳~学生、障がい者は1200円(同千円)。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

母親たちが写真展計画 障害児らと地域の接点に/静岡

【2009/11/2付  静岡新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20091024-OYT8T00630.htm

 障害や病気の子どもたちが当たり前に溶け込んだ地域社会になるように―。そんな願いを託し、県内の障害・病気児の親たちが子どもたちの写真展を準備する。3日の東海大開発工学部(沼津市)学園祭を皮切りに、富士市などで開催。写真集や巡回展も計画し、障害児と地域、仲間同士の接点を増やしていく考えだ。
 準備に当たるのは病院や幼稚園、ネットで出会った母親たち十数人。代表の小山和歌葉さん(富士市久沢)が自宅に交流カフェを開いたのを機に、グループ「希望の架け橋」を結成。広く写真の応募を呼び掛けた。
 障害に対する社会の理解は進んできたが、まだ無関心だったり遠巻き感があったり、逆に必要以上の同情や気遣いがあったり。心の壁は親側も同じで、遠慮したり引きこもったり。ぎこちなさが両者の距離を広げる。グループは原因の一つは接点の乏しさと考える。
 「健常児も障害児も未来に託す親の願いの大きさは同じ。『かわいそう』じゃなく、障害や病気と向かい合い頑張っている子が地域にごく当たり前にいることを知ってほしい。親たちにも心の鎖を少しずつ解いてもらえたら」。18歳を頭に障害児と健常児4人を育てる小山さんは障害児や病気児が親元にいるのと同じように地域に溶け込んだ「なじんだ地域社会」への夢を写真展に重ねる。
 各地から寄せられた写真は45点。重い障害や合併症で何度も手術と闘う子や障害が見えにくく困難が深まる発達障害の子どもなど、状況はさまざまだが、生き生きとした笑顔が並ぶ。絶望、涙、喜び、宝物―など交錯する思いや強い愛を素直につづった親のメッセージを付けて展示する。
 写真展は東海大に続き7、8日に片瀬建設富士ショールーム(富士市厚原)、26日に同市ロゼシアターで。写真は冊子にまとめ、仲間づくりのきっかけにしてもらうため富士市役所に置いてもらう予定だ。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

自閉症への理解深めて 現状を伝える劇映画上映/長野

【2009/11/3付  信州Liveon引用抜粋】

http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_134443

  自閉症の兄妹と家族の姿を描いた劇映画「星の国から孫ふたり」(2009年、1時間35分)の上映会が30、31日、松本市双葉の市総合社会福祉センターで開かれた。監督の槙坪(まきつぼ)夛鶴子(たづこ)さん(69)=東京=も会場を訪れ、上映後に自閉症への理解を訴えた。


 自閉症は、生まれつきの脳の機能障害が原因とされる。知覚や言語の発達に特異性が見られ、周囲とコミュニケーションを取りにくくなる。映画は、兄妹の抱える障害を両親や祖母が学びながら、地域に理解を広げていくストーリー。9月に初公開された。


 映画には、一人人形劇「がらくた座」主宰の木島知草さん(56)=松本市=が、人形劇を通して自閉症の障害を示すシーンが出てくる。上映会は木島さんらでつくる実行委員会が主催した。


 槙坪さんは30日に訪れ、「自閉症の子を家族だけで育てるのは無理で、周囲が温かい目で見守ることが必要だ。それなら、私たちにもできるのではないか」と訴えた。障害者施設に勤める木曽郡木曽町の女性は「兄妹の祖母の視線がとても温かく、子を育てる両親に少しずつゆとりができていく様子がよく描けていた」と話していた。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。