スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症者向けケアホーム 当別のNPO、16日に開業/北海道

【2012/2/13付 北海道新聞より引用抜粋】

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/350458.html

【当別】NPO法人「ゆうゆう」は、自閉症の人を対象にしたケアホーム「ゆうゆうのいえ」を16日、町内太美町1488に開業する。入居者の苦手な音や光などの刺激を緩和するよう設計した、道内でも珍しい施設だ。(山崎真理子)

 施設は木造平屋で床面積約160平方メートル。グループホームとして使われていた建物を購入し、改修した。総改修費2700万円のうち1800万円は、障害者の居住環境整備を支援する国の助成を受けた。

 定員は4人ですべて個室。「自分たちが住みたい部屋」をコンセプトにした約12平方メートルの居室は、風呂とトイレを完備したほか、防音壁で音を遮断。照明はダウンライト型で光を調整できるよう配慮した。

 入居料は3食付で1カ月約6万5千円。スタッフ2人が常駐する。今月中に2人が入居することになっている。

 ゆうゆう本部事務局の小西力さん(28)は「入居者にとってのバリアフリー化に努めた。地域になじんだ施設にするとともに、まだケアホームなどの施設が少ないので、もっと増やしていきたい」と話している。



スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

色鉛筆自在 塗り重ね/兵庫

【2012/2/11付 読売新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20120211-OYT8T00008.htm

発達障害の一種とされる自閉症で、県立上野ケ原特別支援学校(三田市)に通う高校生の前田諒太郎さん(18)が描いた絵画を集めた個展「色えんぴつ12色の世界」が、神戸市中央区山本通3の海外移住と文化の交流センターで開かれている。「みんなの喜ぶ顔が見たい」との一念で色鉛筆を駆使した約300点を展示しており、11日午後3時からのオープニングパーティーでは前田さん自身が作品を前に解説する。(古市豪)

 前田さんは中学2年の時に自閉症と診断された。普段の生活に支障はないが、他人とのコミュニケーションが苦手で、微妙なニュアンスを伝えることが難しい。一方で、一つの物事に集中したり、記憶したりするのは得意で、自分の誕生日以降で指定された日の曜日を即座に言え、円周率は小数点以下を100桁以上そらんじられる。

 絵画に目覚めたのは、小学校入学前、母親の陽子さん(43)に10色入りの色鉛筆をプレゼントされたことがきっかけ。級友の前で披露した自作の紙芝居が褒められたことが励みになり、毎日5時間以上も色鉛筆を握り、写真などを題材に年間100枚以上を描き上げる。

 前田さんの能力は、絵画の分野でも生かされている。どの色と、どの色を組み合わせればどんな色になるかを記憶し、1度描いたタッチは、軟らかい線も硬い線も、繰り返し再現できる。

 「ゴッホが好きで、油彩を色鉛筆で模写したこともある」というほど、根気強く塗り重ねた色の厚みも作品の魅力だ。

 今回3度目となる個展では、学校の卒業記念も兼ねて、過去の作品も展示することにした。

 「会話は苦手でも、人は大好き」といい、題材には人の表情を扱ったものも多い。前田さんは「友達の誕生日には似顔絵を描いて贈ることもある。自分の絵で誰かが笑顔になってくれるのがうれしいから」と話す。

 春からは知的障害者のための作業所に通いながら創作を続ける予定で、「新しい友達の似顔絵をどんどん描いてあげたい」と意気込んでいる。

 個展は26日まで。午前10時~午後7時(最終日は午後5時)。月曜休み。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

南石垣支援学校「福祉避難所」に 協定締結/大分

【2012/2/12付 大分合同新聞より引用抜粋】

http://www.oita-press.co.jp/print.php?print_type=localNews&print_first_genre=&print_second_genre=&print_news_id=2012_132902111042

別府市石垣西の南石垣支援学校(松原浩明校長、93人)は、災害時に救護が必要な要援護者を受け入れる「福祉避難所」として、同市と協定を結んだ。東日本大震災では障害者が周囲への配慮から避難所に入れないなどの現状があり、同校の保護者らから不安の声が上がっていた。特別支援学校が指定を受けるのは県内で初めて。

 国のガイドラインによると、福祉避難所は高齢者や障害者、妊産婦や乳幼児、病弱者など避難生活で特別な配慮を必要とする人が対象。既存施設を利用して設置し、原則として耐震やバリアフリー構造の建物で、介助など人的支援が受けられる。県内では、昨年末までに高齢者施設など105カ所が指定されている。
 2007年に同市で起きた群発地震後、同校では保護者から子どもたちの受け入れを求める声が上がった。自閉症などの障害がある子どもたちは集団の中で過ごすのが苦手でパニックを起こしやすく、「車中で過ごすしかないのでは」と不安を募らせる保護者もいたという。
 保護者らの要請を受けた同校が市に働き掛け、協定締結が実現。これまで一般的な「収容避難所」に指定されていたため、解除にあたって市と地元住民が協議し、理解も得られた。
 同校は身障者用トイレを各階に備えており、高等部棟の入り口には緩やかなスロープを設置しているため、車椅子での利用も可能という。「高齢者など地域の要援護者にも利用してもらいたい」と同校。
 池田晃子PTA会長は「子どもたちへの理解がある人たちの中で落ち着いた避難生活が送れる。卒業してからの安心感にもつながった」と話す。松原校長は「地域や行政の理解や協力に感謝している。児童や生徒は、慣れた教室や人間関係の中で安心して過ごせると思う」と話している。

   
 福祉避難所 市町村と協定を締結して指定される。市内では高齢者施設など15カ所が指定されているが、障害者手帳を持つ市内の人口8671人(2011年3月)に対し、受け入れ可能人数は200人程度となっている。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

「うつ」誘発、たんぱく質特定…新薬開発に期待/愛知

【2012/2/17付 読売新聞より引用抜粋】

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120217-OYT1T00116.htm

 愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所(春日井市)は、体内のたんぱく質の一種に、恐怖や不安の増幅、ストレスによる活動低下など、うつ症状を誘発する働きがあることを突き止めた。


 この働きを抑制する化合物をマウスに投与したところ、抗うつ薬を投与した場合と同様の効果も確認できたといい、同研究所は「うつ病の解明や新薬の開発につながる」としている。研究成果は米・学術誌「プロスワン」に掲載された。

 このたんぱく質は「HDAC6(ヒストン脱アセチル化酵素6)」。同研究所はマウスを使った実験で、うつ病や自閉症と関連があるとされる脳内神経細胞に多く含有されることを発見した。さらに、HDAC6をなくしたマウスは、普通のマウスと比べ、慣れない環境に置かれても活発に行動し、不安や恐怖を感じにくくなることも分かった。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

発達障害者専門の施設完成 向陽の里に県内初/宮崎

【2012/2/10付 宮崎日日新聞より引用抜粋】

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=43731&catid=74

 自閉症など発達障害者専門の「もみのき寮」が、国富町本庄の知的障害者総合福祉施設「向陽の里」(神崎恭自園長)に完成した。

 10日にしゅん工式があり、関係者約50人が完成を祝った。県などによると、同様の施設は県内初という。

 もみのき寮は鉄筋コンクリート2階建てで、延べ床面積約2100平方メートル。コミュニケーションが取りにくいという利用者の特性に配慮して、50部屋すべてが個室。クッション性の高い床と壁を備えるなど、安全面にも考慮した造りとなっている。



テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。