スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな巨匠たち展:発達障害の子らの作品展示−−宇城・三角 /熊本

【2012/6/21付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20120621ddlk43040497000c.html

 自閉症など発達障害のある子どもたちの作品展「大城(おおき)組の小さな巨匠たち展」が、宇城市三角町の三角西港珈琲(コーヒー)屋和蘭(オランダ)館で開かれている。8月5日まで。

 大城組は、熊本、福岡両県の特別支援学級に在籍する子どもたちのアートグループ。絵画などの制作と作品展を通じて、支援を必要とする子どもたちへの理解、活躍の場を広げたいと、熊本市立西原小で特別支援学級を担当する大城由紀子教諭の呼びかけで09年から活動している。

 阿蘇山を背景にあか牛が草原でたわむれる様子を描いた絵画や、力強い筆遣いで書かれた書などを展示。「人はやさしくなくちゃ 悲しくなっちゃう おこらないで やさーしく言ったら わかるから」など素直な思いをつづった詩もある。

 午前11時〜午後6時。無休。入場無料。【澤本麻里子】

スポンサーサイト

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

親亡き後の障害者支援 県手をつなぐ育成会 生活記録帳を作成/奈良

【2012/6/22付 msn産経ニュースより引用抜粋】

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120622/nar12062202060000-n1.htm

 ■パニック対処特性など記述

 知的障害のある子供の親らでつくる「県手をつなぐ育成会」(橿原市)が21日、親亡き後の子供の生活のため、子供の特性を理解してもらえるよう性格やパニックへの対処法などを書き込む生活記録帳「ならHeart&Heart」を作成したと発表した。同会は「親は子供より1日だけでも長く生きたいが、かなわない。支援者に子供のことをよく理解してもらい、子供には安らかな生涯を送ってほしい」としている。

 同会の会員は約千人。知的障害や発達障害などの子供の親が亡くなった場合、その後の子供の生活をどう支えるかが、高齢化した親たちの課題になっている。

 同会の川本肇理事長は「障害を抱える子供は自分の意思を伝えることが難しい。それでも親は亡くなったときに、わが子を誰かに託していかなければならないが、安心しきれない」と話す。

 昨年3月の東日本大震災をきっかけに「いつ何時、わが身に何が起こるか分からない」と危機感を持った同会の親たちが、同6月から記録帳作りを始めた。

 記録帳は30ページで、子供本人の名前や健康状態、性格など基本情報のほか、日常生活、他者との関わりの様子など、支援者の理解が深まるよう記述欄は多岐にわたっている。特に、パニックが起こる条件や対処法など、他者が対応しやすいよう詳細に書く欄もある。

 親の思いを書くページもあり、子供の財産の使途や、葬儀の様式など子供にどう最期を迎えてほしいかを記入する枠もある。

 障害のある長男(40)がいる同会の中山幸子さん(67)は「どう過ごしたいのか言葉を出せない子供もいる。親に何かがあったとき、支援者が適切に対処できる記録帳になれば」と話している。

 記録帳は実費で入手できる。問い合わせは同会


テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

「発達障害と向き合う」を出版、竹内吉和さん /広島

【2012/6/19付 毎日新聞より引用抜粋】

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20120619ddlk34040660000c.html

  ◇「知識のない愛は力にならない」−−竹内吉和さん(52)=安佐南区
 特別支援学校での経験などを基に、発達障害のメカニズムを分かりやすく解説した「発達障害と向き合う」(幻冬舎ルネッサンス新書、255ページ)を4月に出版した。広島市内では売り切れる書店も。「予想以上に反響が大きかった」と驚く一方、「保護者に『一人で悩まないで』というメッセージを伝えたい」と熱っぽく語る。

 82年に広島市立中学校の教諭になった。テレビドラマのセリフ「腐ったミカンの方程式」が話題になった時代。赴任した中学でも、校内暴力や暴走族など、生徒の非行が大きな問題になっていた。家庭裁判所に少年審判の傍聴に出向くことも珍しくなかった。家裁の調査官からは「竹内先生、なんでこんなに子どもたちが荒れるんだ」と嘆かれた。解決策を探していた90年ごろ、発達障害を研究する学会の会合に出向いた。「話しても理解してもらえない」と思っていた生徒たちと発達障害が結びついた。
 広島特別支援学校(中区)への異動を「強く」希望し、02年に赴任した。現在は高等部3年生の生徒を指導する。自閉症の生徒のために、教室内に仕切りとヘッドホンを用意した。別の自閉症の生徒のためには、オルガンをクラスメートの席との間に置いた。お互いの顔が見え、完全に仕切られた感はない。一人一人に合わせた環境作りは欠かせない。

 発達障害の子どもの保護者は自分を責めることがある。周囲も無知から「しつけのせい」と言い、苦しみをより大きくする。そんな保護者の声を直接、聞いてきた。発達障害の正しい知識を伝えようと、筆を執った。応援の気持ちを込めて、本は次の言葉で締めくくっている。「知識のない愛は力にはならない」【中里顕】

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

陸自の学生らが岩戸養護学校で子どもらと交流、16年活動に区切り/横須賀

【2012/6/17付 神奈川新聞より引用抜粋】

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1206160022/

障害のある子どもたちの交流会が16日、横須賀市岩戸の県立岩戸養護学校で開かれ、16年前から協力してきた陸上自衛隊の学生は「最後」の参加となった。参加者は約70人の学生に長年の感謝の思いを伝えた。

 交流会は横須賀市で活動する支援団体「モモの会」が、障害のある子に遊びと触れ合いの機会を提供しようと1993年に始めた恒例行事。96年に久里浜駐屯地通信学校の有志5人が開催を手伝ってくれたことをきっかけに、翌々年から「勉強になるので、学校として手伝いたい」と学生全員が協力。海水浴やスポーツ大会などを行ってきた。高齢者や女性のボランティアが多い中で、学生たちとの交流は子どもたちが思いっきり遊べる機会だった。

 約65人の子どもたちが参加した今回は、学生が振り付けを考えた踊りを一緒に踊ったり、体を動かしたりした。ペアをつくった学生と一緒に昼食を食べるなどして交流を深めた。

 小学4年の三男が知的障害を伴う自閉症で、4年前から参加する大見絵美子さん(46)は「家族そろって出掛けるのも大変だったが、学生さんたちの協力のおかげで初めて海水浴に行くことができた。子どもも、『お兄さんたちと遊べる』と毎年この日を楽しみにしてきた」と話す。

 発達障害があるとみられる男の子(8)とペアを組んだ石黒敦士さん(18)は「最初は少し不安もあったが、自分が笑顔で接すると笑顔を返してくれ、特別な存在でないと分かった。将来はいろいろな立場の方を助けられる自衛官になりたい」と話した。

 高等工科を卒業後、通信学校で9カ月間学んでから全国の部隊に配属されていたが、来年度からはすぐに配属となるため、学生たちがそろっての参加は難しくなる。区切りとして、学生たちに長年の支援に対する感謝状と花束を贈った。

 モモの会代表の小松恵美子さん(64)は「学生さんの参加は本当にありがたかった。交流会の経験を生かして、障害者のことを理解してくれる自衛官になってほしい」と感謝した。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

障害者優先調達推進法が成立

【2012/6/20付 NHKNewswebより引用抜粋】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120620/k10015988501000.html

障害者が福祉施設で作った製品を国の機関などが優先的に購入するよう求める法律が、20日の参議院本会議で全会一致で可決され、成立しました。

20日に成立した「障害者優先調達推進法」は、国の機関や自治体に対して事務用品などの製品を障害者が働く福祉施設から優先的に購入することや、清掃や印刷などの業務の委託を増やすよう求めています。
福祉施設で働く障害者は増えている一方、景気の低迷などで民間企業から施設への仕事の発注は不安定な状況が続いていて、施設側からは国や自治体からの安定した仕事を求める声が強まっていました。平成21年度に国が福祉施設から製品を購入したり、業務を委託したりした総額はおよそ3億円にとどまっていて、このうち厚生労働省が2億円余りと、その多くを占めています。
法律の施行は来年4月からで、すべての省庁と自治体などは、福祉施設からの製品の購入や業務委託についての計画を毎年作り、実績を公表することが義務づけられます。

障害者総合支援法も成立
参議院本会議ではこのほか、障害者自立支援法を改正し、これまで福祉サービスを受けられなかった難病の患者もサービスの対象に広げるなどとする「障害者総合支援法」も賛成多数で可決・成立しました。

テーマ : 福祉関連ニュース
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

りょうまパパ

Author:りょうまパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。